logo

翻訳本を読む。

2021.06.06 Sunday

外国語で執筆されたものは、日本語翻訳を読む。

翻訳者と作家との間に、どんなやり取りがあるのかなんて考えたことがありませんでした。

 

呉明益「歩道橋の魔術師」を手に取っています。

2018年11月13日に翻訳者 天野健太郎さんの訃報を知った呉明益さんは、

ご自身のFacebookに天野さんを追悼する文章を書かれました。

その文章は関係者によって翻訳され読むことができます。

翻訳者 天野健太郎氏との交流や、その熱意や信頼がひしひしと伝わってくるのです。

http://taitaibooks.blog.jp/archives/13977427.html

 

―(前略)翻訳者は作家の黒子に過ぎず、どんなにいい訳をつけようが、読者はそれを作家自身の腕によるものとしか思わないと、彼はこぼした。しかも一度失敗すれば、作家ではなく、翻訳者が、非情なマーケットに向き合うことになるのだと。(後略)「僕は君が間違っていたと証明する。人々は、翻訳者を忘れはしない。」-『呉明益さんから、天野健太郎さんに贈られた言葉』より

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ