logo

「くるまの娘」

2022.07.24 Sunday

芥川賞受賞第一作となる宇佐美りん著「くるまの娘」を読みました。

受賞作「推し、燃ゆ」の記憶に重ねるように、一気に読み進めていきました。

 

車で祖母の葬儀に向かう、17歳のかんこたち一家。

思い出の景色や、車中泊の蜜なる空気が、

家族のままならなさの根源にあるものを引きずりだしていく。

 

親は、子どもの成長とともに親らしくなっていくのか。

親になったことのない私は、それもまた想像することしかできないけれど

心底愛情を注いでもらっていたという親の愛を、ずしんと理解したことがありました。

それ以降、もう親には頭が上がらないのです。

 

描かれているかんこ一家の生きざまは、

ひとつも重なるところがないけれど

家族の数だけ、違う世界があるのが家族だ、と感じながら読み終えました。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ