logo

アイスダンス/レモンエアライン0710便

2013.07.10 Wednesday

ペンギンのジャックは、

アイスキャンディーを齧りながら、

氷の上をとぼとぼと歩いています。

 

彼は首をかしげたり、

立ち止まって空を見上げたと思ったら、深いため息。

 

いったいどうしたの。

 

ジャックは、小さなくちばしがキュートなサリーのことを考えていました。

「今夜のダンスパーティに誘いたいなぁ。でも僕なんか…。」

サリーはみんなの人気者。ジャックは完全に気後れしていました。

 

3本目のアイスキャンディーを食べ終えた頃には、

あたりは暗くなり星が5個またたいていました。

 

「ふぅー。」ジャックのため息が、あきらめの声に聞こえました。

と。遠くからひとりのペンギンが、ものすごい勢いで氷の上をすべってきます。

 

「きゃーーー止まらない!」

ジャックは目をつぶって、ペンギンを受け止めました。

ふたりは抱き合ったまま、ゴロゴロと氷の上に転がりました。

 

目をあけると、なんとサリーではありませんか。

ジャックの胸は高鳴りました。

 

「ねぇ。ここで踊らない?」

サリーは黒くて薄い手を差し出しています。

「あなたが誘ってくれないから、わざとぶつかったのよ。」

サリーの小さなくちばしは、ほんのり赤くなっていました。

 

大きな月はふたりをじゃましないように、伏し目がちで氷の上を照らしています。

 

ジャックは震えながらサリーの手をとりました。

 

宇宙の夜に、ふたりだけのダンスパーティがはじまりました。

 

 

************************************************************************************

 

シラスアキコ(コラムニスト)

クリエイティブユニット「color/カラー」(www.color-81.com)の

コピーライター・クリエイティブディレクターとして活動。

「モノ語りのあるモノづくり」を大切に、

企業のブランディングから商品開発、プロダクトデザインの企画、

広告制作、ラジオCMなどを手がける。

60年代の日本映画とフランス映画、赤ワインが好物。

 

*レモンエアラインは、毎週水曜日に出航です。

こころがふうわりと浮遊する軽やかなじかんを、お楽しみください。*

レモンエアライン/ロゴ

 

 

 

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ