logo

「わけあって安い」からはじまった無印良品。

2013.11.30 Saturday

1980年代初頭、

無印良品が産声を上げました。

 

そのときに、陣頭指揮をとられていたのが、

元セゾングループ代表 堤清二さんとアートディレクター田中一光さん。

 

「わけあって安い」

というコピーが、とても力強かったのを覚えています。

表現にまつわるすべてのものが、

それまで見たことのないくらいにシンプルで、

広告ポスターも、

パッケージも、

もちろん商品そのものも

目に入るのは〝白〟だったという記憶。

 

とても、清潔で

とても潔いものが

生まれたという印象でした。

 

いまでも、街のあちこちで見かける無印良品。

わたしは、レトルト食品をよく利用しています。

写真がプリントされた簡易パッケージは、

そのまま湯煎にかけられて

開封しやすいところがお気に入り。

種類豊富で、新しいメニューが追加されるので

飽きさせない工夫もすばらしいな。

 

こうして 堤清二さんの関連記事を読んでいると

あゝすごい方だったんだなぁと

改めて想います。

 

PARCO劇場も、

無印良品も、

生んでくれてありがとう。

113001

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ