logo

お顔色がすぐれないとき。

2013.12.04 Wednesday

目覚めて最初に鏡を覗いたとき、

お仕事中に、ふと覗いたとき、

昼食後、お化粧直しをしようとしたとき、

ふと なんか顔色がよくないなぁというとき

 

わたしがしているいくつかのことを

ここにメモいたします。

 

1.ふうーーーーーっと大きく深呼吸を数回。

 

口から吐いて、鼻から新鮮な空気を

いっぱい吸込むこと数回。

 

2.首を大きく回したり、上向いたり、下向いたり。

 

普段の生活で、あんまり意識しないけれど

首の運動をこういうときに。

首を大きく回したり、

下あごを突き出してアイーンと上を向いてみたり、

下を向いて、

今度は、舌をべろんと出して上を向きます。

 

3.痛気持ちいい頭のツボ押し

 

頭のてっぺんにある百会のツボ

こめかみ周辺を、中指でぐりぐり。

耳の上周辺を手根でぐりぐり。

痛気持ちいいという加減で数回。

 

いかがでしょう。

すっきりしますし、すこし肌色が戻ってくれたよう。

 

あとは、

ご自宅でのスキンケアのときに、

角質ケアしたり、クリームパックしたりと

もう一度、手のひらで確かめながら、

ご自分のお肌と見つめ合う時間を

ほんの数分間とれるといいですね。

 

いまの自分を慈しむことは、

未来の自分へのエールだと信じて。

SOR_0009[1]

 

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ