logo

レーモン・クノー「文体練習」より。

2014.02.10 Monday

「地下鉄のザジ」でその名を知られる

20世紀のフランス文学に革命を起こしたレーモン・クノー。

 

この「文体練習」は、

他愛もないひとつの出来事が、

99通りものバリエーションによって

書き分けられた断章から成っています。

 

装丁を、仲條正義さんがされていて

「資生堂 花椿」の洗練された世界に沿った

凛としたレイアウトや色使いが素晴らしい本。

 

こうして書いていると、

自分の書いたものを読んで下さった方に

ときにはほっと出来たり

ときどきふーっと息をつけたり

なにかほんの少し、切り替わったり

そんなことが出来たらいいなと思うようになりました。

 

ことばは、

その使い方で伝わり方が変わります。

99通りの表現方法を

自由自在に操ることは難しいけれど

後味のすーっとしたものを

いつか書けるように。

20140210

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ