logo

あたらしい肌になったような。

2014.03.07 Friday

ソラのトリートメントを受けてくださったお客さまから、

たくさんの

それぞれご自分のことばで

その気持ちを聞かせていただくのも

私たちの喜びでございます。

 

こちらは、ポエガールしらくまいく子さんの体験記。

 

はじめてのフェイシャルトリートメントという不安。

はじめて訪れるお店への緊張感

が、とてもよく書かれていますので、ここに。

 

(以下抜粋)・・・・・

扉をひとつくぐっただけなのに

さっきまでの原宿とはまるで異空間。

 

窓にゆれるこもれび

ふわっとただようあたたかい空気。

ずいぶんと遠くまでやってきたような気持ちになる。

ころころとした笑顔の舘山さんに向かえられて、まずはひといき。

すこしお話をしながら、体のカウンセリングを。

 

実はわたし、エステやマッサージなど行ったことがありません。

 

ちょっと敷居が高いような気がしていたのです。

それに、自分の体にお金をかけることに対しての引け目もすこし…

人様に己の身体を見せることにもなんだか…

と理由を並べたらきりがないかもしれません。

けれどもこれも縁。

 

今日だけは、自分に優しくしてみようと思い、やってきたのでした。

普段、映像や言葉の作品を発表していると、

そんなに自分を剥き出しにして恥ずかしいときはないの?

と聞かれたりするものですが、

 

なにも裸の自分を出しているわけではなく、

とあるひとつの側面をすくって、別のかたちにしているので、

裸ではなく、むしろこのままの自分よりは何かをまとっている状態だと思います。

なので…

身ぐるみを剥がすほうがよっぽど恥ずかしい!

歯医者さんに口の中を見られるのも恥ずかしいけど、裸を見られるほうがよっぽど!

全身ばりばりにこわばって緊張して、あらゆることを考えていました。

そのどれもが自分のこと。

自分の身体のことをこんなに考えたのは初めてじゃないか?と。

そうこうしている間に、

舘山さんは鼻歌でもくちづさむようにふわふわと私の体にふれていく。

 

(中略)

 

誰かの手のひらが自分の体に触れるってすごいなあと改めて感じました。

からだどおしが、ぎゅぎゅっと握手すると、ちからが伝わってくるね。

 

顔色が明るくなった!

と舘山さんに言われて、鏡を見ると本当にすっきりしていた!

何枚か肌がくるんと剥けて、新しい肌になったかのような。

 

施術が終わって、

あとはゆっくりおしゃべり。

 

マッサージって本当に贅沢な時間なのだなあとしみじみ感じました。

自分の体や神経、精神と向き合って話をして。

ふわりと感覚の旅をして。

 

全文はこちらへ

・・・・・

しらくまいく子さんをお招きするワークショップ、

お席まだすこしございます。

3月16日(日)

「ことばの瓶から紡ぐ世界でひとつだけの詩と、物語のあるお菓子」

SOR_0003[1]

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ