logo

光琳、応挙を並べる贅沢。

2014.05.03 Saturday

ソラからほど近い根津美術館で、

「燕子花図と藤花図」展が開催されています。

 

緑なすうららかな昨日、

ちょっと足を伸ばして出かけて参りました。

 

館内は、大勢のお客さまでにぎわって

めいめいにお気に入りの作品の前で

近づいたりちょっと離れてみたりと

愉しんでいらっしゃいます。

 

尾形光琳作『燕子花図屏風』と、

そのおよそ70年後に描かれた

円山応挙作『藤花図屏風』。

 

6曲1双のその大作が、

悠々と並べて展示されています。

 

光琳がこの世界を去って

少ししてから出る応挙。

こうして200年以上の年月を経て

未来のわたしたちが眺めていることを

どう感じているでしょう。

幽霊を描いたはじめてのひとですから、

きっとどこか遠いところから眺めているかもしれません。

 

根津美術館の庭園では

にぎやかなかきつばたや

ひっそりとしだれる藤棚が、

ちょうど見ごろでございました。

 

こちらの企画展は、5月18日(日)まで開催されています。

201405032

201405031

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ