logo

ちょっといい話。

2014.05.23 Friday

先日、昼食を

山の上ホテル〝コーヒーパーラー・ヒルトップ〟で

いただいたときのこと。

近くのテーブルでお茶をたのしむ

初老のおふたり連れの会話を、

聞くともなしに聞いておりました。

 

ご婦人は、一日に3つ、ひとに親切にすることを日課に

されているのだそう。

「親切」とは、

落ちたモノを拾って差し上げるとか。

目上の方へ席を譲るとか。

聴こえてきたその「親切」なら、

わたしも、一度くらいはしたことがあるかなと

思えるような。

 

ただ、ある日の〝親切〟はすこし違っていました。

目的地へ行くためにある橋を渡ろうとしていたら、

欄干をまたぐようにして

いまにも落ちるように見える初老の白人男性がひとり。

 

とっさに口から出た言葉が、

「May I help you?」。

 

・・・少しの沈黙の後

その場でふたり、こらえきれずに吹きだしてしまったそう。

 

英語が出来ないから、

どうしてそんなことをしているのかとか、

何があったのかとか

その訳を聞くことができなくてと

笑いながら相手の方へおはなしされていました。

 

もしかしたら、死のうと想っていたそのひとに

(お手伝いしましょうか?)って、

確かにおかしいですね。

 

でも、なんだかとても印象に残ったエピソードでした。

喫茶店でも、

ホテルのロビーでも、

駅のホームでも

いろんな会話が生まれています。

ほんのときどき、ほろっとするから

ひとり歩きもいいなと思いました。

 

写真は、山の上ホテルのサイトより

2014052201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ