logo

劇団ひとりの「青天の霹靂」

2014.06.06 Friday

劇団ひとり。

はじめて知ったのは、「象のハナコ」だったでしょうか。

 

戦争中の象とその飼育員の織りなす物語。

辛くて悲しいシチュエーションからはじまるそれが、

終盤見事に笑いに変わるのが

すごいなぁと。

 

それ以来、

気になるひとりとなっています。

 

小説「陰日向に咲く」を読み、

本業がコメディアンだということを忘れそうになるくらいに

そのストーリーに感動し。

それがあったから、勇んで

映画「青天の霹靂」を観に出かけました。

 

期待を裏切らない、すばらしい作品です。

 

観終わって数日たった今も

ふと思い出すシーンそれぞれに、

ひとの思いやりのような

あたたかいものを感じることが出来るから。

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ