logo

それを選んでくださったことが嬉しくて。

2014.06.19 Thursday

昨日、ソラにはじめていらしてくださったお客さまより、

焼き菓子の手土産をいただきました。

菓子工房ルスルスさんのサブレです。

 

四角い小さな缶の蓋をあけたら、

中には小鳥たちがたくさんあらわれて。

〝鳥のカタチクッキー〟

サクサクの歯触りと、ちょっと酸味のおいしいお菓子。

このお菓子には、歌もありました。

 

・・・・

(ルスルスさんのブログより)

私が何か新しいことをしているのを

彼は見守っている

空は夕日に染まっている

 

私は鳥かごを開け放し

彼は羽ばたき、群れの中へ

彼はほっとしたかしら

 

あの鳥は自由の象徴

喧噪のない、穏やかな世界

私の涙を彼は知らない

喧噪のない、穏やかな世界

私の涙を彼は知らない

私たちはいつも一緒だった

・・・・

 

こうして、書き写していると

オスカー・ワイルド著 「幸福な王子」を思い出します。

 

その時代に生きるひとびとの深い悲しみと、

無償の(自己犠牲の)愛を謳いあげた名作。

 

ただ、この歌があるお菓子であることよりも

もっと、

小鳥たちのクッキーを選んでくださったことに

心から感謝と歓びを想います。

 

それを選んでくださった時、

その方のアタマには、ほんのひとときでも「美肌室ソラ」を

思い出してくださったのだから。

(写真は、ルスルスさんのサイトより、リンク先からはミュージックビデオを見られます)

20131224_741651

http://vimeo.com/82059157

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ