logo

待ち遠しい、ままごとの「わたしの星」。

2014.07.17 Thursday

〝演劇をままごとのようにより身近に、より豊かに。〟

という劇団「ままごと」の新作がもうすぐ公演されます。

 

作・演出 柴 幸男

出演 オーディションで選ばれた高校生

というから興味倍増。

 

前作「わが星」での感動を

いまも鮮やかに思い出すことができる〝ままごと〟の舞台は

待ちに待ったというのが一番しっくり来るよう。

 

すこしでもその雰囲気を共有できたらいいなと

新作「わたしの星」のチラシに書かれたコピーを写します。

 

・・・・・

拝啓 Spica

お元気ですか。

新しい星の生活には慣れましたか。

あなたがこの星を発ってから、こっちはずっと夏のまま。

星空を見るとつい、あなたを探してしまいます。

 

星に引力があるように、人にも引力がある。

わたし、あなたのことが大好きで、大嫌いでした。

この手紙が届くころ、あなたは夜空のどこにいるでしょう。

 

たとえ、どれだけ離れても、あなたはずっとわたしの星。

・・・・・

 

お芝居を観る前なので、これ以上は野暮になりそうです。

 

なので いま読んでいる本にあった記憶に残ることばをメモします。

 

・・・・・

(とある盲学校の女生徒が、先生に問いかけたこと。)

「地球が貴重な存在というのはよくわかる。

静物が生きていくのに貴重な水やちょうどよい温度、

酸素に充ちた大気をもっているから。

でも、自分が貴重な存在というのは、ぴんとこない。」

 

広瀬浩二郎/嶺重慎著「さわっておどろく。点字・点図がひらく世界」より

・・・・・

 

この言葉を読んだとき、

わたしも答えが見つかりませんでした。

 

だから、しばらく考えてみようかな。

 

写真は、ままごとのサイトより。

2014071601

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ