logo

感覚で観る、鈴木康広展「近所の地球」。

2014.08.13 Wednesday

上野駅でスーパーひたちに乗り、

昨日はじめて水戸の地を踏みました。

鈴木康広展「近所の地球」を観るための小旅行。

 

「景色の万華鏡」「ファスナーの船」「水の切り株」「まばたきの葉」「上/下」‥

こんなにもたくさんの作品を一度に眺められる幸運に酔いながら

独りぐるぐると会場内を歩いていました。

 

途中、研究室を再現された空間を眺めているとき、

ご本人が現れたのです。

アシスタントの方と、メンテナンスをされているとのこと、

やわらかい笑顔で「お久しぶりです。」と声をかけてくださいました。

 

鈴木康広さんと言えば、ボーダーの長袖Tシャツ。

昨日も、その出で立ちで軽やかに場内を行き来されて。

 

わたしは、大好きな作品

水平線を描く鉛筆」へと向かいました。

 

どこにでもありそうなモノを

ひょいと軽やかに〝見立て〟る発想。

それに、心が解放されるような爽快感を覚えます。

 

今朝まで見えていた街と

まったく違う街へ帰るよう。

 

満たされている今に感謝して、

帰り道さえ輝いてみえました。

 

10/19(日)まで開催されています。

 

(写真は、手描きの案内図など)

20140813

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ