logo

森茉莉著「貧乏サヴァラン」を読む。

2014.08.17 Sunday

雑誌CREA「おいしい読書」号を片手に、

大型書店で見つけた文庫、

森茉莉著「貧乏サヴァラン」を読んでいます。

 

森茉莉(1903-1987)

森鴎外の長女。50歳を超えて小説家としてスタート。

父から溺愛されて育ったせいか、

いわゆる自己肯定感に充ち満ちた性格を損なうことなく

晩年、強烈な読者を持つ作家・随筆家として活躍します。

森茉莉 自分を偽らない人生〟にそれがよく表現されていました。

 

その「森茉莉全集 全八巻」の作品の中から、

「食」の短編を編者・早川暢子によって取り出されたのが

文庫オリジナル 『貧乏サヴァラン』。

 

巻頭に収められた短編の中で、

《ほんものの贅沢》という一篇があり

それがとても痛快なのでここにすこし。

 

・・・・・

だいだい贅沢というのは高価なものを持っていることではなくて、

贅沢な精神を持っていることである。

容れものの着物や車より、

中身の人間が贅沢でなくては駄目である。

・・・・・

 

うーん。

二度三度と同じところを読み直してしまいます。

 

森鴎外に溺愛された幼少時代、

物に不自由しない暮しを送ったからこそ

ここまで言い切って、

それをまた読む者に有無を言わさない納得力もあるのでしょう。

そしてまた、父の著作権が期限切れした後の苦労も味わっているから。

 

生まれ持った境遇を選び直すことは叶わなくても

十人十色の人生を垣間見ることなら

いつでも出来る。

 

それが、読書のたのしみかな。

20140817

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ