logo

読書サロン「ほんとの日記」第二回をひらきます。

2014.11.10 Monday

お肌だけでなく、こころも休憩できるところになれたら…という想いから、

ほんのときどき、月曜の夜に、読書サロンをはじめさせていただきます。

こころの襞が一枚、また一枚と重なるような会になれますよう。

ほんとの日記 第二回<しんしんと、こころに雪を積もらせる夜。>

日本は北から南まで続く、細長い島国でございます。

だから、南の方では、雪がそれはそれは珍しくて。

 

愛知県の田舎に暮らした子ども時代は、

積もる雪もほとんどなくて

目が覚めたときにあたり一面真っ白い雪に覆われていることを、

夢に見るくらいに憧れていました。

 

雪。

本や絵本にそれがあるだけで、

心が躍るような気持ちになれました。

 

読書サロン、第二回目のテーマは、〝雪〟を。

本の中で降る雪を、

その夜こころに、しんしんしん。

 

本は、

すべて読了できずとも、

拾い読みでもいいんです。

忙しくてなかなか読む時間が取れないときに、

無理ない範囲で、ゆるりと本と近づけたなら。

 

読書サロン〝ほんとの日記〟では、

毎回こちらの方3名さまが、

それぞれ得手を十二分に発揮してくださいます。

 

ひとつ。

先人たちが遺してくれた雪にまつわる一節を

ヒロイヨミ社 山元伸子さんが選んで読んで話したり。

 

ふたつ。

あゆみ食堂さんが、銀世界にふさわしいごはんを

こしらえてくださいます。

 

みっつ。

サニーボーイブックス高橋和也さんの

雪降る夜にふさわしい「おまかせの一冊」を

おみやげに。

 

こころの襞を一枚、また一枚と重ねられますよう。

20140723

 

+++++

日時:12月8日(月)19時~21時

・定員5名(満席)

ただいま、キャンセル待ちの受付をさせていただいております。

・参加費 おひとり3,000円(税込)

※あゆみ食堂のごはんと、サニーボーイブックスのおまかせの1冊おみやげ付き

・お申込み contact@bihadasora.com

※おなまえ、ご連絡先アドレスと携帯番号、12/8の読書サロンご希望と明記の上、

メールにてお申込みください。

※先着順にて受付し、後程、ご本人様へメールにてご連絡/報告申し上げます。

(ご返信は、一営業日中には必ずお返しいたします。

tateyama@bihadasora.comからのメールを受信

いただけるようにご設定おねがいいたします。)

+++++

ヒロイヨミ社(山元伸子)

1972年生まれ。

書評紙編集を経てブックデザイナー。

言葉を読むための新しいかたちをもとめて、

紙や印刷にこだわった冊子を制作・発行。

製本家都筑晶絵とananas pressとしても活動中。

http://hiroiyomu.blogspot.jp/

 

あゆみ食堂

住所不定の出張食堂。

季節の美味しい食材を使って、お腹も心も喜ぶ楽しい食卓を作ります。

 

SUNNY BOY BOOKS

(さにー・ぼーい・ぶっくす)

東横線・学芸大学駅にほど近い住宅地にある小さな本屋。

幅広いジャンルの古本を中心に新刊書、雑貨などを扱っています。

また小説家や音楽家、アーティストなど様々な人と関わりながら

本と遊び、本を売っています。

 http://www.sunnyboybooks.com/

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ