logo

日曜日、夕暮れ時の散歩より。

2014.09.08 Monday

日曜日、ふたつ先の駅前にオープンした

食事とお酒のハナイグチさんへとことことこ。

空のグラデーションをたのしみながらのお散歩です。

 

夕焼け空を眺めていると

思い出すのは祖母の病状日記に書かれたことば。

 

その頃、見舞いに訪れた孫や娘たちが、

祖母の様子を思い思いに記録した日記帖が、

ベッドの脇に置かれていました。

 

〝あゝ 空の色をつくっている間に、もう暗くなっちゃった〟

暇つぶしに絵を描いていた祖母が、そうつぶやいたそう。

 

水彩絵の具で、赤く染まった空の色を作っていたんでしょう。

 

わたしは、夕暮れから日が沈むまでのその変化を、

それまでゆったりと眺めたことがありませんでした。

そのひとときを、儚いと感じたことも無かったように思います。

 

朝日が昇ることも、

日が沈んでいくことも

それがあたりまえだからでしょうか。

 

日々をじっくりと味わいながら生きていた祖母に、

大事なことを教えてもらったような気がします。

 

きょうは、仲秋の名月

厚く覆われた雲の向こうの月を想って。

0419

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ