logo

虫の声に。

2014.09.10 Wednesday

白露を過ぎて、

日に日に秋らしくなりました。

 

日が落ちると一層、虫の声が響くよう。

その鈴虫がこうして鳴いて暮らすのは

わずか2か月だそう。

 

冬がはじまるころには、産卵をしてその生をまっとうし

次代につなぐ短い命。

 

虫の声をたのしむ風流を、

数学者の岡潔は日本人ならではだと書いていました。

 

これから先、東京がどんなに開発されたとしても

それをたのしめるところでありますように。

 

いついつまでも、大切にしたいことのひとつです。

 

写真はネットより。

20140909

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ