logo

岡潔著「春風夏雨」より。

2014.10.02 Thursday

昭和45年に発行された数学者・岡潔著「春風夏雨」を

読んでいます。

わたしには難解で、

書かれている文章を一度くらい読んだだけでは

すこしも理解できません。

 

ただ、その中にふと気になる

印象的な一節に出会えると

こうしてまたもう一度読むのです。

 

冒頭の章、「生命」に書かれた一節を。

 

・・・・・

人の音曲の中心はその人固有のメロディーで、

これを保護するために

周りをハーモニーで包んでいると思われる。

 

そんなデリケートなものなのだから、

たえず不調和音を受け取っていると、

固有のメロディーはこわされてしまう。

 

(中略)

 

生命というのは、

ひっきょうメロディーにほかならない。

・・・・・

 

そのひと固有のメロディーを、

自分はこれだと理解るのに

いったいどれほどかかるのでしょう。

 

ただ、それを探し出せたらいいなと

いま、そう思っています。

 

写真はネットより。水の滴り。

20141002

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ