logo

ニライカナイとアフンルパラ。

2014.11.05 Wednesday

平野紗季子さんのはじめての著書「生まれたときからアルデンテ」の

出版社だというきっかけで、平凡社さんのツイッターをフォローしています。

 

出版されているご本の情報をいただく中で、

おとなの旅の道案内・太陽の地図帖〟が気になりはじめました。

 

そしてとうとう、最新号「アイヌの世界を旅する」を読んでいます。

ちょうど、サニーボーイブックス高橋和也さんに

〝アフンルパラ通信〟を分けていただいた矢先だったのもご縁でしょうか。

 

アイヌの言葉も文化も民族も、

いままで何も知りませんでしたから、

その言葉の響きや概念を

あまり先入観を持たずに感じることができました。

 

はじめて読むこどば、「アフンルパラ」

 

それを読んだとき、

なぜか、ずいぶん前に観た映画「ニライカナイからの手紙」を

思い出したのです。

 

それ以来、一番離れている北海道と沖縄のふたつの言葉が、

似ているという考えが、頭のどこかでぐるぐるしていて。

 

アイヌで言われる「アフンルパラ(あの世への入り口)」と、

沖縄辺りで言われる「ニライカナイ」。

 

先人から伝えられることばには、

いろんな想いが込められているのでしょう。

いまを生きるわたしたちも、

いつかはこの世界から姿を消していく。

 

その、いつかをほんのときどき想ってみよう。

 

何も変わらないかもしれないけれど、

すこしやさしくなれるかもしれないから。

 

写真は、このポスターをデザインされたキックアンドパンチさんのサイトより。

20141105

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ