logo

手編みのぬくもり。

2014.11.07 Friday

お客さまから、手編みの靴下(カバー)をいただきました。

聴けば、その方のおかあさまが編まれたものだそう。

 

残り毛糸だと謙遜されていらっしゃいましたが、

どうしてどうして、

なんとも暖かそうな色合いに、かわいらしいコロンとしたデザインです。

 

手編みならではのぬくもりが、たっぷり詰まったプレゼントに

それをいただく吉村万奈の目が潤んでおりました。

わたしまで、胸がいっぱいになって。

寒い冬も、これでもう安心だと想えるくらいです。

 

手編みのことを想像すると、

編んでいる時間は、ずっと一緒に過ごされていたんだなぁと

至極当たり前のことなのに、

そのために過ごされたその時間を

わけていただけたように

何ともありがたく感じられます。

 

時間をいただくというところは、どこか「手紙」に通じるような。

 

どんなに時代が変わっても

遺していきたい手仕事のぬくもり。

 

あゝ、今日は、このことを胸に刻むだけで、

もう十分にいい一日になりそうです。

FullSizeRender (12)

FullSizeRender (29)

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ