logo

芸術と民芸を自由に。

2014.11.15 Saturday

先日、竹橋にある近代美術館へ出掛けて参りました。

〝菱田春草展〟を観るつもりでしたが会期終了しており、

常設展と工芸館で開催中の〝青磁のいま〟へ。

 

いまから、1,000年もむかしに焼かれた器の数々を

人もまばらな館内で贅沢に観ることができました。

 

中国、南宋時代に遺された、国の重要美術品から、

現代に活躍される国内の陶芸家たちのものまで

青磁で表現される幅の広さを感じられる展示になっています。

 

わたしは、なぜかこの陶芸品を観るのが好きです。

その時代を頭に想像しながら、

静かに目に入ってくるそれらを眺めていると

手のぬくもりが伝わってくるような気がするからか。

 

歴史的に貴重な作品や、

生活の道具にはなり辛い様相のものは

やはり美術館にこそふさわしい。

 

陶芸品には、

芸術と民芸の両方を行き来できる良さがあると思います。

普段使いの茶碗ひとつが、

世が世なら芸術品とあがめられることがあるやもしれぬ。

作者とそれを好んだひととの関係ですね。

 

りっぱに並べられた大振りな器の横に、

ちょこんと我が家のお猪口が置かれることを空想したり。

 

ま、そんなことは起こりませんから

気を取り直して、

目の前の美術品たちを、

美しいなぁきれいだなぁとまた感心してみたり。

 

公園の紅葉も美しいころ。

お出かけが気持ちのいい週末になりそうです。

 

FullSizeRender (34)

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ