logo

『美智子さまが訳された英詩のこころ』より

2014.12.14 Sunday

夫から、発売中の号に、高倉健さんの最期の手記が載っていると聴いて

ほぼはじめて、文藝春秋を読んでおります。

その手記については、またいつかとさせていただきまして

今朝は、思いがけず読むことができた一稿をここに。

 

前侍従長 渡邊允さんがお書きになられた

『美智子さまが訳された英詩のこころ』を読んで。

 

美智子さまの訳された詩集は、

詩人まどみちおさんの「にじ」「消しゴム」の2篇を

かねて読んでおりました。

 

まどみちおさんの、万物をあまねく公平に観察されるやさしいことばを、

わたしでもなんとなく解るような気持ちにしてくれそうな

それは美しい英語に訳されていらっしゃいます。

 

詩は、その詩、そのものをまず読み、

声に出して読んですーっとカラダに沁みこんでくるのを待つような

そんな読み方がいいなと。

 

・・・・・

葬式

新美南吉 作

 

日暮れに

楡の森かげで、

まずしい葬式してた。

小さい、白い

棺には、

ラッパや絵本を入れて。

 

土饅頭の

ほとりには

野薔薇やなんか撒いて。

名まえが

横にきざまれた

小さい十字架を立てて。

 

そして、みんなで祈ってた。

―小鳥よ、空から下りてこい。

―光よ、ここまで射してこい。

―ここに、こどもがねむってる。

 

FUNERAL

It was a village funeral

Most humble in scale

Under the shade of elms

At sunset.

 

Into a white coffin, so small,

People put some picture books

And a toy trumpet.

 

Around the mound

They scattered roses wild,

And erected a tiny cross

With a child’s name

Carved sideways.

 

And then they prayed

One and all together :

– Oh,come, little birds of the sky

-Come, light, and shine

For under this cold ground

There sleeps a child.

 

写真はネットより。

20141214

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ