logo

「クリスマスキャロル」を読むころに。

2014.12.20 Saturday

ソラの本棚には、毎年この頃になりますと、

チャールズ・ディケンズ著「クリスマスキャロル」を並べています。

 

暖炉のそばに集う家族の、

貧しいけれども心温かくなるくだりが

クリスマスの夜を想うときにぴったりだと思えて。

 

亡霊に導かれるようにして

自分の過去と現在と未来を垣間見るスクルージ。

この物語は、とても大きな影響を与えてくれました。

 

いつだって、

過去の自分が最大の応援者になるよ。

そんなことを教えてくれたような気がしています。

 

2014年が、もうすぐ終わりますね。

ことしあったすべての事は、

きっと、新しい年の自分を励ましてくれるでしょう。

 

「いろいろあったけど、よくがんばったね。」

12145

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ