logo

「アバウトタイム」を観て。

2014.12.21 Sunday

公開から13週を迎えるロングラン上映を続ける作品

「アバウトタイム」を観てまいりました。

ちょうど冷たい雨の降る中

 

物語は、タイムトラベルの能力を持つ家系に生まれた青年が

意中の女性との関係を進展させようと­奮闘する中で、

愛や幸せの本当の意味に気付くヒューマンコメディーと

紹介されています。

 

監督は、「ブリジット・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス。

 

会場はほぼ満席。

夫が評判を聞いてチケットを取りましたので、

その期待を胸にワクワクしながら観はじめました。

 

・・・

いいなと思えるシーンが

いまこうしていても、いくつも浮かびます。

 

途中何度も、膝に置いたタオルを

ふたりで使いました。

 

タイムトラベル。

過去に戻れたらと思うことは、あります。

 

祖父に、もっともっといろんな話しを聞いておけばよかったと、

このごろよく思うから。

でも、それができないから

かけがえのない人生だと、思うことができるのでしょう。

 

会場を後にするとき、

子どもの頃に父とキャッチボールをしたことを思い出していました。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ