logo

空也のもなかを、ほおばる幸せ。

2015.02.04 Wednesday

お客さまから、空也のもなかをいただきました。

白い紙箱に、びっちりと並べられたこぶりのもなか

ひと口ほおばるとほどよい甘さの餡と香ばしいサクサクの皮。

つい二つ目に手が伸びるおいしさです。

 

銀座並木通りに構える「空也」は、

明治からなる老舗の和菓子屋さん。

著名人にも贔屓にされるひとが多く

かの「放浪記」を世に出した林芙美子もお気に入りだったよう。

 

「おんな作家読本」市川慎子著には、こう記してありました。

・・・・・

芙美子のお気に入り

銀座「空也の最中

 

小説「匂ひ菫」で、

「女中が空也の最中を運んで来た。熱い茶をよばれ、最中を食べて」と出てくる。

ぎっち入ったあんことパリパリの皮が絶妙。

・・・・・

 

いまもその作品が遺る作家たちのことばを読みながら、

お茶をいただくのもいいものでございます。

FullSizeRender (69)

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ