logo

ソラ体験記No.4|西村隆ノ介

2022.04.25 Monday

(以下全文、西村隆ノ介さんによる寄稿です)

よく行く街の普段入りこまない裏道。

赤い煉瓦の建物に白い鳥のフラッグがパタパタしていた。

 

建物の脇にソラへと続く階段がある。

たくさんの植物とちょこんと置かれた看板。そこにも鳥が羽ばたいていて、入る前から「ああ、ここはきっと愛らしい場所なんだろうな」と、こわばっていた気持ちが和らぐ。

 

扉をぐっと開けると、思わず元気よく挨拶をしたくなるような空間が広がっていた。

木と白で統一されて、すうっと光の入る空間、本がたくさんあって、笑顔で立つ店主の舘山さん。なんて気持ちのいい場所なんだろう。

ここでのんびりお茶を飲みながら読書をしたくなってしまった。

 

軽くお話して緊張をほぐしていただいて、施術内容をお聞きする。

今回体験するのはフェイシャルトリートメント。

丁寧にゆっくりと、そして笑顔で話してくださるおかげでひとつずつ頭に落とし込んでいくことができた。

 

施術前の着替えの際、チェストの上にちょこんとお花が生けてあるのに気付いた。

こんなに細かなところまで、気持ちよく過ごすための気遣いがあることに感動する。

 

まずはフットバスから。

心地よい温度に触れると、一気に気持ちがほぐれていく。

「ブランケットの中におなかを温めるさくらんぼの種のカイロがありますからね」

初めて聞くものにワクワク感が高まる。

小豆のカイロは家でも使っているけれど、さくらんぼの種もおへそからじんわりと内側まで温めてくれる。眠気がすこしずつおじゃましますと入ってくるのを感じる。

 

施術台に横になり、クレンジングから始まる。

そのあとのマッサージは顔だけでなくデコルテまで。

肌をとっても丁寧に扱っていただいている。自分でもそれなりに丁寧にしているつもりだったけれど、まったく別の感覚。

この感覚だけでも肌が深呼吸しているのがわかる。普段のケアは、実はしっかりと呼吸させてあげられてなかったのかもしれない。

 

大好きな小松陽子さんのピアノがBGMとして流れ、顔まわり、おなかと心地よさに包まれる。

 

「あぁ、幸せだな」

 

ふと声に出てしまったのではないかと思った。

 

肌を丁寧に、大切に、宝物のように扱う時間。

その心地よさも、肌への影響も知っているのに、日々の忙しさに追いかけられているとどうにも疎かにしがち。

 

自分をリセットするためにも定期的に取り入れていこう。

その時間は、いつのまにか忘れてしまっていたものたちをきっと思い出させてくれるだろう。

美肌室ソラでの体験は日々を大切に過ごしていくためのきっかけをつくってくれた。

また息が詰まりそうになったら訪れて、舘山さんとお話したいなと思う。

 

【 にしむー / 西村隆ノ介 】

フルーツサンドをつくる人。 #炙りフルサン

スタイリング、間借りでのポップアップ、執筆、グラフィックデザイン、モデル活動、イベント企画など。

Youtube「にしむーの推し事部屋」運営中。

 

twitter : @1108ryu

instagram : @1108_ryu / @woderfruitsandwitch

ソラ体験記No.3|竹中万季 

2022.03.25 Friday

(以下は、me and you 竹中万季さんによる全文寄稿。お写真も竹中万季さんによる撮影です。)

me and you  竹中万季

仕事でばたばたな日々を駆け抜け、カレンダーを見ながらずっと楽しみにしていた美肌室ソラへ。寒さで身体もこわばり、心もせわしない感じが続いていたから、束の間の休息だ、と足取り軽くお店に向かう。表参道の駅から小道に入り歩いていくと、鳥が羽ばたく美肌室ソラの看板が。ビルの2階に登ってドアを開けると、やさしい光が差し込むお部屋で店主の舘山さんが迎えてくれた。

 

お花や本、写真が飾られたお部屋は友達の家みたいで居心地がいい。写真は植本一子さんが撮ったもので、本棚にずらりと並んだ本は舘山さんが読んでいたものが置いてあるそう。なんだか勝手に抱いていた「美容サロン」のイメージと違って、緊張がゆるゆると解けていく。

 

わたしが受けたのはフェイシャルトリートメントのコース。服を着替えて横になると、おなかにあったかいさくらんぼの種を乗せてくれた。じんわりと熱が広がっていく。顔のマッサージがゆっくりと始まって、あたたかさと冷たさが重なっていくなかで、こわばりがほどけていくのを感じる。ずっとパソコンに向かっているからか、目が重たく開かないのが近頃の悩みだった。それに、リモートでの仕事がほとんどで、外に出てもマスクをしているから、顔の動きも減ってしまっていた。舘山さんに触られた肌は少しずつ本来の動きを取り戻したみたいだった。

 

頭、首、肩、胸にかけてのマッサージ。次に何が起きるんだろう? とゆるやかなどきどき感もあって、このままずっと終わらなければいいのになあ、と感じた。施術の間、アイマスクをしているからか、音が際立って聞こえる。しゃりしゃり、ふわわ、いろんな音に耳を澄ます時間も愛おしかった。顔にじんわりと化粧水が染みていく間に、足のマッサージへ。思えば、自分で身体をこんなに労ることはなくって、ゆっくりと触れないまま何ヶ月も経ってしまう場所もあるように思う。やさしく、ときに強く触れてもらうことで、自分の身体が身体として取り戻されたような気分になった。

 

名残惜しい気持ちを残して施術が終了。鏡を見て、肌のもちもち具合や顔のすっきり感、目の開き具合にびっくりしてしまって、思わずメイクをするのを止めてしまった。こんなにも変わるんだ。

 

服を着替えて、フルーツケーキとお茶をいただきながら舘山さんとおしゃべり。「顔は顔」「身体は身体」と切り離しがちだけど、頭のてっぺんから皮膚は繋がっていて、それが心とも繋がっている、と舘山さんが教えてくれた。日常のなかで取り入れられる、押すといいつぼがある場所についてもお土産として教えてくれて、またきます、とお店を出た。

 

帰り道、電車のなかで早速教えてもらったつぼを押してみる。せわしない日常で心が張り詰めていたけれど、身体がゆるまるとこんなにも心もゆるまるのだなあ。肌を美しくしたいとき、身体を気持ちよくしたいときはもちろん、自分にとっての余白の時間がほしいときにも、また足を運びたいなと思いました。

竹中万季(me and you)

編集者。東京都出身。2017年に野村由芽とコミュニティメディア「She is」を立ち上げた後、2021年4月に二人で「me and you」として独立。2022年2月、新たなコミュニティメディア「me and you little magazine & club」がスタート。https://meandyou.net/

ソラ体験記No.2|五十嵐可菜

2022.02.25 Friday

(以下は全文、五十嵐可菜さんによる体験記です。)

中華可菜飯店  五十嵐可菜|Kana Igarashi

北海道出身。大学時代、恩師の「料理はいちばん儚い芸術」という言葉に心打たれ、料理の道へ。数年間にわたり中華料理店で修行後、ケータリング活動を経て2021年に中華可菜飯店をオープン。「健全でヘルシーな中国料理」を届けることをモットーに、肩の力を抜いて楽しめる中華料理を提供する。

***

美肌室ソラは原宿と表参道の間、西日が気持ちいい坂の途中にある。煉瓦造りの2階、下から見上げると窓辺にビタミンカラーのお花が見えて気持ちが高まる。すっと細い線で描かれた、まるで晴れた空を旅しているかのような鳩のイラストと共に”美肌室ソラ”と書かれた看板が見えた。今日はここでフェイシャルトリートメントを体験させていただく。とても楽しみ。

店内に入ると、店主の舘山さんが迎え入れてくれた。舘山さんの柔らかな喋り方で、緊張が解れる。
お店の中は窓が多くて、どの場所にいても陽の光を感じられる空間だった。舘山さんのお家にお邪魔したような安心感に包まれた。

今回、私が体験したのは”フェイシャルリセットトリートメント”というメニューで、泡ディープクレンジングにデコルテリンパマッサージを加えた人気のメニューだそうだ。まず着替えた後に足湯で冷えた足を温めてもらった。じんわりと身体が温まっていくのを感じる。ベットに横になり、泡がたっぷりのクレンジングで丁寧にお化粧を落としてもらってから、顔のマッサージをしてもらった。色鉛筆で空を描く時のような優しいタッチで顔に触れられると、とても心地よい。次にデコルテのマッサージ。私は職業上前屈みの姿勢がどうしても多くなってしまうので首や肩甲骨のあたりのリンパが流れると頭の方まですっきりとして、とても気持ちよかった。この体験をしっかり伝えようと頭の中であれこれ考えていたが気持ちよくていつの間にか眠ってしまっていた。整体ともエステとも違う、舘山さんの潤いのあるマッサージ。終わった後には身体の中に良い空気が巡った感覚があった。

施術が終わった後に「お顔の癖を一つお教えしますね。顎に力を入れてしまう癖があるようなので、気がついたら力を抜いて、たまに息をふーっと、吐いてみてね」と言われた。自分自身の知らない部分を知れるのはとても嬉しい。着替えてから、最近の肌の悩みやコンディションのことについても話した。敏感肌の私は化粧品でアレルギー反応が出ることもしばしばなので、この時間も大変嬉しかった。帰った後に鏡を見てみると、びっくり。お肌のハリが、いつもと違う…!特におでこのあたり。目もぱっちり開いている。身体に良い循環を作ることができて嬉しい。心も晴れやかになったような気がする。また体験したいです。

ソラ体験記No.1|山ト波主宰 鷹取愛

2022.01.25 Tuesday

(以下は、山ト波主催 鷹取愛さんが、美肌室ソラのトリートメントを体験した感想記です)

美肌室ソラは表参道と原宿までの

裏道を抜けたところにあって、

都会の中でも本当に静かで、

散歩するのにも気持ちの良い通り沿いにある。

 

この辺は緑が多くて、2Fにあるソラのドアを開けるとまず窓一面のグリーンが飛び込んでくる。

12月の光の美しさも合いなってポカポカの室内。

店主の舘山さんに案内され施術室へ。

 

施術服に着替えドキドキしながら待っていると、

するするとフットバスで足を温めてくれた。

仰向けに横になる。

さくらんぼの種を温めたカイロを受け取りお腹にのせる。

小豆の温熱カイロは知っていたけど、

それよりも程よい重みとじんわり伝わる温かさ、

気持ちいい。緊張がほぐれていく。

 

まずは泡フェイシャルクレンジングをしてもらう、

エステやフェイシャル体験は人生でほぼ初めて。

でも、顔を触られるのとても気持ちいい。

自分はむくみやすいけどリンパもすごく流れやすいと言われるので

頬のあたりを触ってもらっているだけで、

スカッとした気分になってきた。

 

そのままパックをしてもらっている間に

上半身と頭のマッサージ。

なんとも。クリームを使っているから滑らかで、

整体やマッサージとは、またちょっと違う潤いのあるマッサージ。

身体の中のいろんなものが流れていくような感覚。

 

その流れでまたお顔のトリートメント。

顔だって肩みたいに凝るはず。

そんなこと数年前は考えもしなかった。

昨年から友人の整体師に定期的に身体のメンテナンスをしてもらっているけれど、

自分は集中的に押すよりも、

意識をして触れるのがいい気がする。

今回も顔を撫ででもらっているだけでそういう感覚があって面白かった。

 

最近は自分の身体を知ることに興味が出てきたので、

こうやって日々自分に触れて聞いて、

知っていくのが楽しいなと思った。

館山さんの施術も声もとても心地よくて、

そういう気持ちの良い体験は、

効果とか変化とかに直結するなと思った。

 

最後に足のマッサージで完了。

ゆっくり着替えて化粧直しをして出ていくと、

美味しいものに目がない館山さんからのとっておきのお菓子が待っていた。

少しおしゃべりして帰宅。

ほわーっとこころも身体もあたたかい。

 

お肌はというと、くちびるがプルプルで血色が良くなりびっくりする。

唇のケアに着目したことがなかった。

ほっぺたも何日たってももちもちである、

というより身体のコンディションも良い。

一回流れたものが良い循環で続いている感じ。

これが日常的になったらすごく嬉しい。

 

お肌も心身の健康も、良い感覚の体験な気がする。

無理するんじゃなくて気づきというか。

それを続けることができたら最高。

身体を呼び起こしてくれたソラにとても感謝。

また、体験したいです。

 

-プロフィール-

鷹取愛

東京、京都を中心に「山ト波」という屋号でイベントや展示の企画を行う。東京・学芸大学「SUNNY BOY BOOKS」の展示サポート・メンバー。1日1人ずつ日記を書くサイト「一日遅れの日記」主宰。

@opantoc  https://yamatonami.tumblr.com/

#美肌室ソラ #ソラ体験記

※写真は2019年2月に撮影したものです。

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ