logo

美肌のヒント|むくみはその日のうちに

2019.08.18 Sunday

ほうれい線が気になってきた。

ある日の写真が二重あごになっていて

目の下のたるみや、まぶたの落ち込み

このごろ、フェイスラインがもたもたしてる

…と、思い当たる方はいらっしゃいますか

 

加齢によるものと、あきらめる前に

毎日のケアでも出来ることを、コツコツすこし。

出来るだけ、いつまでも若々しくすっきりとした印象をキープしたいもの。

 

まずは、お顔の変顔体操。

思いっ切り大きく口を開けたりつぼめたり

目も一緒に大きく筋肉動かして

あーーいーーうーーえーーおーー

唇も、ぐーんと伸ばしたり引っ込めたりと動かします。

 

そのあと、クリームたっぷり回しつけ頬骨下をゆっくりほぐす

お顔のむくみは、その日のうちに

朝の起き抜けの顔で、この体操とマッサージ

その5分で、すっきりと

きょうも元気に過ごします。

風が鳴る。

2019.08.16 Friday

こんな遠く離れていても、台風の影響で風が鳴る朝

厚い雲に覆われていまにも降り出しそうでございます。

 

昼ごろまでは、雨と風。

午後は晴れると聞いています

 

きょうも暑くなるのでしょう

こまめに水分を摂り、空調のきいた涼しいところで過ごしましょう。

お盆が明け、そろそろ夏も下り坂

暑さのおさまる処暑も間近に。

きょうは満月。

2019.08.15 Thursday

きょうの満月は、きれいにまあるく見えるでしょうか

台風が、九州四国地方に向かっているとの報道に目が離せない一日になりそうです。

 

大潮と強風がちょうど重なる現象は、

波打ち際の様子を一変させる強さを持っているのでしょう

水難事故がこれ以上おきませんように

台風による被害が大きくなりませんように

 

きょうの満月、この雲の向こうに青く輝く大きな月。

 

「春になったら苺を摘みに」

2019.08.14 Wednesday

広い青山ブックセンターを巡るなか、ふと目が合った本。

梨木香歩著「春になったら苺を摘みに」

星野道夫さんが撮影された霜の降りた草木の写真と

題字の色とのバランスが、とても美しくて目に留まりました。

 

梨木香歩さんの文章に初めて触れる好奇心も手伝って

1959年生まれの著者初めてのエッセイを。

 

「理解はできないが、受け入れる」それがウエスト夫人の生き方だった。「私」が学生時代を過ごした英国の下宿には、女主人ウエスト夫人と、さまざまな人種や考え方の住人たちが暮らしていた。ウエスト夫人の強靭な博愛精神と、時代に左右されない生き方に触れて、「私」は日常を深く生き抜くということを、さらに自分に問い続ける―物語の生まれる場所からの、著者初めてのエッセイ。

 

「できないとどこかでそう思っていても、諦めてはならないこともある。」

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ