logo

レポート3.「ジブンを省みて」

2013.03.20 Wednesday

ソラのコラム「レモンエアライン」の著者シラスアキコさんの、

トリートメントリポートを掲載させていただきます。

この文章は、ご本人のfacebookタイムラインに掲載されたものを転載しています。

・・・・・

きょうはソラの日。

初夏をおもわせる昨日、ソラへ。
小さな坂を登ったところにソラはあります。
ドアを開けると店主の舘山さんが、
ニコニコ顔で迎え入れてくれました。

ふーっと、こころの中に「、」。
あわただしい日常に、句読点があらわれる瞬間。
ひとまず椅子にこしかけて、
花粉がジブンをダメにすることや(単なるグチw)、
顔がシャープになりたいことなど(えへ自慢の二重あごね!)、
舘山さんは「そう。へーそうなの。」と聞いてくれて。

で、トリートメント開始。
大好物のクレンジング、そしてリンパマッサージへと続きました。
舘山さんのやさしくも力強い手は、
わたしのあごのラインをぐいぐいともんだり、持ち上げたり。
首から肩にかけてのデコルテも、しっかりしっかり。
「あ…二重あご対策か。」と、
思わず吹き出しそうになってしまいました。
(ごめんなさい、舘山さん)

ベッドからゆっくり起き上がると…なんか顔が軽い!
この感覚は不思議でした。
滞っていたものがスッと流れて、
いろんなものが「めぐりだした」感じ。
美味しいお茶をいただきながら、
「むくみ、たるみ」は、姿勢や枕の高さなど日々のちょっとした
クセで出てしまうことを聞く。なるほどーーー。

肌のこと、こころの景色。
ジブンを省みてこそ、循環していくのだな。
ソラの帰り道、小さな坂を下りながら思ったことでした。

写真は入り口ドアのカギ。
この小さくて白いカギがソラらしくて大好きです☆

03204

絵本作家の岡林ちひろさんがソラに。

2013.03.09 Saturday

WEB絵本を担当された映画「ひまわりと子犬の七日間」公開を前に、

絵本作家の岡林ちひろさんがソラに来てくださいました。

http://okachee66.tumblr.com/

こちらは、ご本人のFBに書き込まれた本文をそのまま転載しています。

・・・・・

ずっと行ってみたかった「美肌室ソラ」 へ行ってきました。
(ちょっと長くなりますが、レポートします)

「美肌室ソラ」は、佐伯式認定ビューティシャンである
館山信子さん達が始められたエステサロン。
佐伯チズさん考案の、オールハンドによる
丁寧なトリートメントが受けられる、数少ない場所のひとつです。

今回、私がしていただいたのは
「フェイシャル リセット トリートメント」
前半:泡ディープクレンジングと毛穴の汚れ吸引
後半:デコルテのリンパマッサージ
というもの。約1時間40分。
意外なことに、まず足湯から始まりました。

身体が温まったところで、フェイシャルへ。
館山さんの手で、これ以上ないぐらい
優しく丁寧にマッサージされていきます。
気持ちよく身をまかせながら、そういえば以前、
佐伯チズさんの生涯をTVで観たことがあるなぁ、と思い出しました。
まだ若い頃にご主人が他界され、悲しみのあまり
身も心もやつれ果てて、肌もボロボロになってしまった佐伯さん。
ある日、手に取った化粧水が、
その砂漠のような肌にしみ込んでいくのを感じて、
温かい手で肌をいたわる大切さ、手が持っている癒しのチカラに
ハッと気づいた、というような内容だったと思います。
まさに、そのいたわりと癒しが館山さんの手からも感じられて、
「あぁ、このことか」と、私も実感することができたのでした。

後半は、前半の優しさとは打って変わって
なかなか力強いデコルテ リンパマッサージだったのですが、
その効果は、おもに家に帰ってから感じられました。
施術直後から「顔がワントーン明るくなった?」とは
思っていたのですが、
翌日の鏡の中の肌が、なんというか内側から元気なのです。
リンパに溜まっていた老廃物が流れて、めぐりが良くなったのか、
肌が内側からふっくらして、キメが細かくなり、ハリも出ました。
もちろん、ディープクレンジングなどの効果もあるのでしょうけれど。

エステといえば、美容成分を与えまくるイメージでしたが、
なるほど、こんな風に肌の働きを整えるエステもあるんだな、と。
まさにフェイシャルをリセットするトリートメントだったんだな、と。
感心してしまったのでした。

そんな風に、とてもすこやかな肌ケアをしてくれる「美肌室ソラ」は、
たぶん、日常をすこやかに生きることから
大切に考えていらっしゃるのでしょう。
エステサロンらしからぬ、文化的な活動をしていたり、
ブログで「レモンエアライン」なる素敵なコラムを連載していたり
とにかく、店主・館山信子さんからの日々の提案がいっぱいなのです。
そこに共感できる女性は、きっと多いはず。
興味のある方、ぜひソラへ出掛けてみてください。

・・・・・

リポート2.「やわやわほっぺになるのが」

2013.02.23 Saturday

ソラのコラム「レモンエアライン」の著者シラスアキコさんの、

トリートメントリポートを

不定期に掲載させていただいております。

この文章は、ご本人のfacebookタイムラインに掲載されたものを転載しています。

・・・・・

きょうはソラの日。

先日2週間ぶりに「美肌室ソラ」にいってきました。
店主の舘山さんの手がやさしくて、やさしくて…。
うっとりクレンジングと、たっぷりトリートメントを堪能しました。

舘山さんのやわらかな手のタッチが、
肌の内側まで届いて、細胞がよろこんでるのがわかった。
芯から気持ちよくて、どうしても途中から眠ってしまうのが、
うれしいようなくやしいような、笑。

目が覚めて鏡を見ると、肌がワントーン明るくなって、
やわやわほっぺになるのが嬉しくて!
肌も気持ちもほっと一息できました。

トリートメントが終了して、
美味しいお茶をいただきながらメイクをしていると、
「アキコさん、こうやって上へ上へ滑らせて」って、
ファンデーションの塗り方を教えてくれた☆
毎日のことだから大事だよって。

写真は舘山さんのやさしい手。
「赤ちゃんの肌を触るとき、ゴシゴシしないでしょ。
大人だって一緒よ、赤ちゃんの肌だと思ってやさしくね♡」
という言葉が印象的でした。

02231

リポート1.「肌が生き返るという実感」

2013.02.13 Wednesday

ソラのコラム「レモンエアライン」の著者シラスアキコさんの、

トリートメントリポートを

これから不定期に掲載させていただきます。

この文章は、ご本人のfacebookタイムラインに掲載されたものを転載しています。

・・・・・

きょうはソラの日。

肌って生き返るんだーって実感した日。
「美肌室ソラ」でトリートメントをしていただきました。
店主の舘山さん(広告代理店時代の元同僚なのです)の手が、
私の肌の細胞をやさしくやさしく起き上がらせてくれた。

私はアレルギー持ちで、季節の変わり目は特にひどい。
乾燥はもちろん、鼻の脇や口回りなどの炎症に悩んでいて…。
皮膚科の薬を塗っては、ぐずぐずと発症を繰り返していました。
でも、エステにいくのは避けていた。
肌に触られて逆にひどくはならないか?
そして何よりエステ特有の密室感や、ラグジュアリーな雰囲気がちと苦手で。
(すみませんメンドクサイ客です)

でも!「美肌室ソラ」で奇跡が起こった。
4回目のトリートメントを終えたところですが、
例の炎症はすーっとおさまり、肌そのもののやわらかさともっちり感が
生まれてきたんですーーーーー。かなりうれしかったデス。

それに舘山さんの日常のアドバイスが大きかった。
「ダブル洗顔をやめてオイルクレンジングだけにしてみたら?」
「クリームを多めに塗って、レンジでチンした蒸しタオルをあててみたら?」
この2つだけを1ヶ月続けているのですが、確実に肌が応えてくれてる。
舘山さんは決して「あれはだめ」とか言わないんです。
「そうねぇ、こういう感じはどうかなぁ?」って、その人の肌にあった
肌の手当を教えてくれる。

「美肌室ソラ」には、いつも心地いい空気が流れている。
白いリネンのカーテンから、やわらかな陽射しが届いている。

写真はトリートメントが終わって、肌が生き返った時に見えた天井。笑。

 
0213

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ