logo

読書が、近道だといいな。

2014.06.23 Monday

本は、詠み始めると習慣になり

それが連想ゲームのように続きます。

 

ここ最近の読書歴

お客さまから差し入れていただいた〝食〟にまつわるふたつの物語。

志村志保子著 「リボンマスコットコミックス・女の子の食卓」

高田郁著 「みをつくし料理帖 八朔の雪」

(食べることが愛おしくなりました)

 

ワークショップの企画資料として。

佐藤雅彦著 「考えの整頓」

佐藤雅彦著 「クリック」

(視点を変えてみることができたらいいなと思いました)

 

小川洋子著 「博士の愛した数式」

・・・数学者として取材に応えられた藤原正彦さんを知り、

藤原正彦著「国家の品格」にたどりつきました。

 

最近は、拾い読みをとてもいいなと気に入っているので、

ここにその印象的な一節を写します。

 

・・・・・

藤原正彦著 「国家の品格」

第五章 「武士道精神」の復活を

〝父の教え〟 より

 

父は、「弱い者を救う時には力を用いても良い」とはっきり言いました。

ただし五つの禁じ手がある。

一つ、大きい者が小さい者をぶん殴っちゃいかん。

二つ、大勢で一人をやっつけちゃいかん。

三つ、男が女をぶん殴っちゃいかん。

四つ、武器を手にしてはいかん。

五つ、相手が泣いたり謝ったりしたら、すぐにやめなくてはいかん。

「この五つは絶対に守れ」と言われました。

 

しかも、父の教えが非常に良かったと思うのは、

「それには何の理由もない」と認めていたことです。

「卑怯だから」でおしまいです。

・・・・

 

〝ならぬものはならぬものです〟という

會津藩士に創られた日新館での什の掟を

彷彿とさせる教えです。

 

論理的な思考からだけでは、説明し切れないことを

わたしたちは時にカラダに沁みこませるんですね。

 

親がしつけてくれたこと。

ありがたいなぁと、この歳になって想います。

 

まだまだ、この世界には、

気が付かないでいることがなんと多いことでしょう。

この生が終わるまで、

できるだけたくさんのことに気が付けますように。

 

読書は、そのための近道だといいな。

 

これから読む本、夏目漱石作 「草枕」

2014062301

 

 

 

拾い読みを集めるヒロイヨミ社に。

2014.06.22 Sunday

雨の季節のワークショップが無事に終わり、

ひと段落ついた頃に、届きました。

ヒロイヨミ社 山元伸子さんから

やわらかい筆跡のお手紙と

「雨の日」 と 「白の詩集」。

 

そして、今朝は雨が降っている。

 

「雨の日」は、たいせつな方へお読みいただいているから、

今日は、「白の詩集」からの一篇をここに。

 

・・・・・

「白い手」

尾形亀之助 作

 

うとうと と

眠りに落ちそうな

昼 -

 

私のネクタイピンを

そつとぬかそうとするのはどなたの手です

 

どうしたことかすつかり疲れてしまつて

首があがらないほどです

 

レモンの汁を部屋にはじいて下さい

・・・・・

 

夏至が過ぎ、ますます夏に向かうこのときに

この詩はいいなと思いました。

 

きっと、山元伸子さんが近くに居てくれたなら

この詩について、

この作者について、

これが詠われた時代や背景について

ちらとおはなししてくれたでしょう。

 

本との距離を埋めてくれるひとへ、

心からありがとうを伝えたくて。

20140622

 

ものすごく久しぶりの献血。

2014.06.21 Saturday

その前を通りがかるとき、

ほんのすこし気が咎めるような気持ちになっていました。

渋谷駅や、新宿駅などの大きな駅にある献血センター。

スタンド看板を手にしたスタッフさんは呼びかける声を止めることなく

喉はいつもかすれてガラガラになっているよう。

 

ほんとうに久しぶりに、

昨日、献血をしてまいりました。

前回は、(もう十年以上も前)鉄分不足のため、

血液検査をするだけで、献血には至らなかったので

もうきっと、20年くらいはしてこなかったかもしれません。

 

館内は、わたしほどの中年男女のほか、

流行のお洋服を身にまとった若い男女など

昼間の時間に20-25人ほどの献血提供者たち。

座り心地のよい椅子や、ソファにゆったりと腰かけて

無料でいただけるドリンク片手に置かれた雑誌を

ぱらぱらと楽しんでいらっしゃいます。

 

問診と血液検査を済ませた後、

400mlの献血をいたしました。

 

終了後、多少、ふらつきます(笑)。

 

それでも、原因が自分でわかっているから大丈夫。

水分を多く摂り、食事もしっかりいただいて

早めに寝床に入りました。

だから、今朝はすっきりととてもいい目覚め。

 

採血された血液は、

ふたたび検査されるそう。

その検査結果は、希望者に通知してくれます。

たった3週間しか保存が効かない血液。

 

わたしは、これまで輸血を必要とした状態になったことはありません。

人工的に作り出すことができない血液だから、

科学技術が進歩したいまも、献血事業のサービスが向上しているのでしょう。

 

健康な自分でできることとして、

これからはもう少し頻度多くしていこうと思いました。

こちら、とってもよく出来たゆるキャラ〝けんけつちゃん〟

20140621

 

 

「GRAPHIC DESIGN 2014.」を眺めて。

2014.06.20 Friday

いま、注目のグラフィックデザイナー150組が

凝縮される翔泳社から発売された一冊

GRAPHIC DESIGN 2014」をぱらぱら眺めています。

 

レモンエアラインでお世話になっている

soda design( タキ加奈子さん)、

尾花大輔さんも、掲載されていました。

 

150に選出されていることが

すごい。

 

毎日の暮らしの中で

デザインに触れないでいることの無い時代に

デザインは、ますますたいせつな入口になっていて。

 

グラフィックデザインという仕事は、

時代に欠かせない職業になっています。

 

わたしたちは、

そのデザインをいち早く主観で判断し、

それとの距離を決めているから

好きなデザインや、

気になるデザインを

いつの間にか近くに置いて暮らすようになって。

 

きっと、自分に心地よく、気持ちよく

感性を刺激されるデザインを

探しながら生きているネ。

 

研鑽されたデザインと

それを生み出しているデザイナーのみなさまにエールを。

20140620

 

 

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ