logo

2500年前に遺されたことば。

2014.09.25 Thursday

春秋時代、いまからおよそ2500年前に

孔子とその弟子たちの言行を集録した「論語」を

読み返しています。

 

なぜ、いま論語を読もうと思ったのか。

ふと、思い出したとしか言いようのないきっかけなのです。

 

原文は、やはり難解で

漢文の授業を思い出しながら目で追いかけてみても

それは漢字の羅列にしか見えなくて。

添えられた読み下し文や現代語訳に

なんとか助けられて、ひとつひとつゆっくり読むのが精いっぱい。

 

数回反芻して、

すこしもカラダに入って来ないことばもあるけれど

それでも、傍らに置いてぱらぱらと読む。

 

有名なことばをここに。

・・・・・

子の曰く

吾れ十有五にして学に志す。

三十にして立つ。

四十にして惑わず。

五十にして天命を知る。

六十にして耳順う。

七十にして心の欲するところに従って、

矩をこえず。

 

「わたしは十五歳で学問に志し、

三十になって独立した立場を持ち、

四十になってあれこれと迷わず、

五十になって天命をわきまえ、

六十になって人のことばがすなおに聞かれ、

七十になると思うままにふるまって

それで道をはずれないようになった。」

・・・・・

 

孔子は74歳で亡くなっているため、

いまの時代の平均寿命を知ることなく

ここで終わっています。

 

もうすぐ、知命を迎えるわたしは、

それをなせるでしょうか。

(わかりません)

 

でも、この言葉に出会ったおかげで、

未来に希望を持てるような気がしています。

 

写真はある日の空。

0222

 

 

 

 

ガソリンスタンド・マニア/レモンエアライン0924便

2014.09.24 Wednesday

空腹のピックアップトラックが、

 

ガソリンを飲み干しているあいだ、

 

自動販売機にコインを入れる。

 

オレンジ色のストライプが描かれた

 

紙コップが落ちてきて、

 

次に熱いコーヒーが注がれていく。

 

ガソリンの匂いと、

 

インスタントコーヒーの香りがからまって、

 

秋の空へほどけていく。

 

ラジオからは、エルヴィス・プレスリーの“ブルーハワイ”。

 

もう、コーデュロイのパンツを履いているというのに。

 

コーヒーをすすりながら小さくわらう。

 

ここがパラダイスではないとしたら、

 

どこにパラダイスがあるのだろう。

 

 

****************************************************************

 

 

◎レモンエアラインが本になりました。

コチラのスペシャルサイトもごらんくださいませ。http://lemonairline.com/

シラスアキコ(文筆家)

クリエイティブユニット「color/カラー」(www.color-81.com)の

コピーライター・クリエイティブディレクターとして活動。

「モノ語りのあるモノづくり」を大切に、

企業のブランディングから商品開発、プロダクトデザインの企画、

広告制作、ラジオCMなどを手がける。

60年代の日本映画とフランス映画、赤ワインが好物。

 

*レモンエアラインは、毎週水曜日に出航です。

こころがふうわりと浮遊する軽やかなじかんを、お楽しみください。*

レモンエアライン/ロゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと味わって食べる。

2014.09.24 Wednesday

メトロミニッツ。

最新号の特集に惹かれました。

〝100年後まで残したい料理本〟

表紙には、BOOK APART 三田修平さんが

本のコーディ―ネイトをされていました。

 

100年後・・・

そのとき、わたしはもう此処には居ないから

未来のひとたちに何を伝えよう。

 

いまのわたしたちが何を食べているか、

食べることにこんなにも真摯に向き合っていたと

伝えられたら。

 

わたしは、100年後まで

『生まれた時からアルデンテ』を、残したいな。

 

カラダ中で味わって食べることを

思い出させてくれた本。

 

そして、〝たべる〟つながりで、お知らせひとつ。

 

ブックアパートさんを会場に、

レモンエアラインのシラスアキコさんが

紙巻オルゴール作家 Troisさんと出張ワークショップを開きます。

10月5日(日)10時~12時

あゆみ食堂のこしらえる「ほんとのブランチ」付き。

 

ここに、あゆみ食堂さんがその日に配るメニューに書いてくださった文を。

・・・・・

あゆみ食堂〜ほんとのブランチ〜

10月のスープ、そしてパン。

 

私の好きな本の中に、

『それからはスープのことばかり考えて暮らした』というタイトルの本がある。

至極真っ当で美しいサンドイッチの店トロワと、そこでスープ担当になった男。

その本に出てくるようなブランチを、季節の素材で作ろうと思います。

・・・・・

出張ワークショップのくわしくはこちら。

https://www.facebook.com/events/1467211170217376/

 

20140924

 

 

目元のクレンジングはやさしくやさしく。

2014.09.23 Tuesday

まぶたや目周りの茶ぐすみに

お悩みの方はいらっしゃいますか。

 

そうなる原因は、おひとりおひとり違うのでしょう。

ただ、ひとつだけ確かなことがございます。

 

たいせつな瞳を守るため、常に涙で潤っているように

一日に何万回もしているまばたき。

目元は、お顔の中でとても繊細な皮膚に覆われているところです。

 

毎日のスキンケアや、

日ごろの手のクセを、

少し振り返ってみてください。

 

強い力でゴシゴシとこすり洗いをされていませんか。

目がかゆくて、掻いているときの力加減はいかがですか。

 

その力が、日々すこしずつ積み重なると、

〝刺激〟になってしまうんですね。

 

クレンジングシートは、手の力が入りやすくて

やや強めの洗浄力のため、

刺激になりやすいのではと感じています。

 

目元のクレンジングは、

専用のリムーバーを水に浸したコットンに垂らして

やさしく丁寧にいたしましょう。

 

ファンデーションなどのベースメイクは、

クレンジング剤をたっぷり使って指腹でやさしくやさしく塗布します。

 

洗い流すとき、

ひと肌くらいの温度のぬるま湯かけ洗いで大丈夫。

ダブル洗顔はしなくても、

そのしっとりとした洗い上がりがOKのサインです。

 

いまできるお手入れが、

未来の自分へのエールになると信じて。

 

今日も秋晴れですね。

SOR_00262

 

 

 

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ