logo

記憶の宿るところ。

2016.08.25 Thursday

週末から公開される映画「君の名は。」の原作小説を読みました。

そのタイトルから、1953年公開の岸恵子さん主役の名作リバイバルか

と、はじめはそう思っていました。

この「君の名は。」は、新海誠監督が書き下ろしたまったくの新作で

神木隆之介さんらが声を吹き込むアニメーション映画。

 

原作小説が早々と出版されていて、珍しく公開前に読んでみたのです。

解説は、今作のプロデューサー、川村元気さんが書かれていました。

 

・・・・・

-2012年、僕は『世界から猫が消えたなら』という小説を書いた。

そこで死にゆく郵便配達員の姿を描いた。

死を書いているはずなのに、いつの間にか記憶の物語になっていった。

人にとって最も残酷なことはなにか?当然それは死だ。ずっとそう思っていた。

でも、死よりも残酷なことがある。

それは、生きながら愛する人を忘れていくことだ。

 

人の記憶は、どこに宿るのだろう。

脳のシナプスの配線パターンそのものか。眼球や指先にも記憶はあるのか。

あるいは、霧のように不定型で不可視な精神の塊がどこかにあって、それが記憶を宿すのか。

心とか、精神とか、魂とか呼ばれるようなもの。

OSの入ったメモリーカードみたいに、それは抜き差し出来るのか。

(中略)

でもこの小説を読んで、少しだけわかった気がする。

ひとは大切なことを忘れていく。

けれども、そこを抗おうともがくことで生を獲得するのだ。

・・・・・

 

忘れることと言ったら、わたしも自信があります。

さっきまでやろうと思っていたことを、

振り向いたらもう忘れているなんてこともしょっちゅう

 

記憶には、本人にしかわからない優先順位みたいなものがあって

誰も代わりを務めることはできないのでしょう。

 

忘れたくないほどの感動に出会える

かけがえのない日々に感謝をこめて

2014060501

 

呼応するカラダ。

2016.08.24 Wednesday

昨日は、インストラクターTakakoさんをお迎えして

6回目の、はじめてのマットピラティスレッスンの日。

 

ことし11月22日(火)までの期間限定で開催しています。

毎月第2第4火曜の朝10時~11時までの60分

ピラティスの理論をちょっぴり勉強してから

自分の身体と向き合うひとときを、ぜひご一緒にいかがですか。

 

昨日のちょこっと理論は、

二種類の運動機能について伺いました。

「オープンスキルと、クローズドスキル」

-はじめて聞くことばです。

 

こちらのサイトにはこう書かれています。

オープンスキル…つねに変化する状況(相手やボールの位置など)において発揮される運動技能。武道,格闘技などが典型的。

クローズドスキル…外的条件に左右されることのない状況下で発揮される運動技能。ボウリング,射撃,弓道,体操,水泳などの個人スポーツが典型的。

両者の組み合わせ…サッカー,テニス,野球などの集団的球技では、オープンスキルとクローズドスキルの両方が含まれる。

 

わたしは、“クローズドスキル”向きかなと思いました。

球技や相手と向き合う対戦は苦手で

ひとりで、マイペースにするものが合っているから。

 

ただ、向き不向きだけを理解するのが目的ではありません。

得手も不得手も、どちらも自分だから

よりバランスのいいカラダの使い方が出来るように

不得手をすこしずつ伸ばし、

得手に頼り過ぎないようにしていくのです。

 

まあ、難しいことは抜きにして

Takakoさんのレクチャーに、身を任せてみるといい。

全身の筋肉も骨も関節も、それぞれ絶妙なバランスで

呼応しているのを体感できます。

 

ぜひ、一度お試しください。

次回は、9月13日(火)朝10時~11時

1レッスン毎のキャッシュオンスタイル(3,000円)です。

くわしくは http://bihadasora.com/archives/15009

ピラティス

IMG_0606

 

涼しい朝に。

2016.08.23 Tuesday

今朝は、窓からの空気がひんやりと涼しい。

大きく息をふーっと吹いて

思わず深呼吸してみたくなるような

 

ひぐらしも混じって、蝉の声にハーモニーが生まれているよう

昨夜は、鈴虫が鳴いていました。

寝苦しさも、すこしずつ落ち着いてきているのでしょう

 

太陽と月とこの星の

絶妙なバランスで成り立つ気候。

泡のようにはかない一生は

あと何回、四季を感じることができるのでしょう。

 

心から感謝をこめて

SOR_0015[1]

手のひらで感じるということ。

2016.08.22 Monday

ソラのトリートメントは、

器具の力は少々借りるだけで

ほとんどの工程は“手のひら”でさせていただきます。

 

指腹や手根も手のひらも

繊細なセンサーが働いて

お肌の様子を目視で観察するよりも

敏感にキャッチすることができるから、

その都度、加減しながらさせていただくことができるのです。

 

ぜひどうぞ、ご自身のカラダやお顔を

手のひらでやさしく撫でたり包んだりしてあげましょう。

ざらつきも、ブツブツも乾燥も、

その状態を知るところからがお手入れに。

 

今日の東京は、台風9号の影響がありそうです。

 

湿度が高いと、かいた汗も肌にまとわりついています

柔らかいタオルやガーゼで、軽く押し付けるように優しく吸い取ってあげましょう。

 

この雨が上がったら

いよいよ処暑を迎えられます。

SOR_0002[1]

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ