logo

暮しの中で作られる肌へ。

2016.11.23 Wednesday

冬らしい寒さがやってまいりました。

湿度も低く、空気が乾燥しています。

お肌も、唇も、ヒリヒリと乾燥が気になるよという方いらっしゃいますか。

 

まず、唇。

唇には汗腺がございませんので、自分の力では潤いを保つことができません。

どうぞ、いつもリップクリームなどで保護してあげましょう。

お好みのリップクリームやバームを、手の届くところに置いて

少し乾いたなと感じたら、こまめに塗るようにしてあげましょう。

 

そして、お肌。

毎日の汚れはやさしくていねいに落としていますか。

アイメイクやリップメイクは専用のリムーバーを使うことで、

よりストレスなくやさしく落とすことができます。

お肌全体のクレンジングは、適量を守ってたっぷりの量で

汚れを浮かすようにして塗布してまいります。

ぬるま湯で洗い流すときは、手のひらでこすらないように

水の流れだけで、つるりときれいに流してあげましょう。

 

毎日のお手入れが、お肌へのダメージを重ねる原因になってしまわないように

 

そして、横顔のチェックもいたしましょう。

顎のラインに変化はありませんか。

お顔や首周りにも、たくさんの筋肉がございます。

まんべんなく使って動かして、むくみやたるみが溜まらないようにいたしましょう。

 

ご自分の肌もカラダも、

毎日の暮らしの中で作られていくんですね。

SOR_0023[1]

自分仕様の個人メイクレッスンをオプションに。

2016.11.22 Tuesday

昨日のお客さまは、個人メイクレッスンをオプションにつけてのご来店。

メイクアップアーチスト麻生修司さんによるマンツーマンの個人レッスンを

たっぷり60分堪能されて、とても喜んでくださいました。

 

最近は、おひとりに1冊の専用ファイルもご用意して

化粧品の特性や、お顔へのスポンジのあて方や向きなど

その方に合ったメイクのポイントアドバイスを書き込んで

お持ち帰りいただいております。

 

お好きなフェイシャルトリートメントをご予約いただく際に、

備考欄へ「個人レッスン希望」とお書き添えくださいませ。

オプション料金10,800円にて、ご予約承れます。

 

メイクのいろはは、もちろん。

素肌のような自然な仕上がりのファンデーションの塗り方や、

骨格に合わせた眉メイクや、眉カット

ご自身の肌色や瞳の色、髪色に合わせたアイメイクの色選びまで

疑問になんでもお答えさせていただきながら、

すみずみまで美しくフルメイクさせていただきます。

 

おとなの女性の身だしなみのひとつとして、

ご自身に合った、自分仕様のフルメイクを身に着けてみられませんか。

 

きっと、ここ一番というときに、背中を押してくれるって信じています。

 

くわしくはこちらにも、http://bihadasora.com/archives/10048

img_2672

fullsizerender-77

伊東様_03_メイク09

伊東様_02_トリートメント09

 

高尾山へ紅葉狩りに。

2016.11.21 Monday

晴れた日曜日、高尾山へ紅葉狩りに出かけてまいりました。

行きの車中はがらんと空いておりましたのに、

着いてみると人だかり。

小さな駅に、どこから湧いてきたのだろうという人の山でございます。

 

高尾山の紅葉はそれはそれは見事に色づいておりました。

駅舎もりっぱで、

温泉施設も、駅から直結しているようでございます。

周辺の蕎麦屋さんも、みやげもの屋さんも、

なにしろ行列が続いています。

 

どの顔もみな穏やかで、

列のさきに黙ってついては景色を眺めるひとばかり。

山が近くにあるだけで、ゆったりとした気分になるのが不思議です。

 

お酒ととろろ蕎麦をいただいて、すっかりいい気分になってかえりました。

街から一時間ほどで行ける山

高尾山で過ごす休日は、ちょっと癖になりそうです。

%e9%ab%98%e5%b0%be%e5%b1%b1%ef%bc%93

「ほんほん蒸気」の海をたのしむ。

2016.11.20 Sunday

「ほんほん蒸気」は、

編集・発行を、おふたりでされるリトルプレスのなまえです。

「北と南」の河内卓さん、「ヒロイヨミ社」の山元伸子さんのおふたりで

 

先日、三鷹の古本屋「水中書店」さんで求めることができました。

「ほんほん蒸気」創刊号と、第2号。

 

・・・・・

創刊号をつくってから一年がたって、

また、秋がやってきました。

今号のテーマは、<海>です。

本を書く人、読む人、作る人、売る人…

本の周辺のさまざまな方々に、

三つの作品を選んでいただき、

あわせて文章をよせていただきました。

小説、批評、エッセイ、詩、短歌、俳句などなど、

ジャンルもさまざまな紙上の海を、

どうぞ、おたのしみください。

・・・・・

 

それぞれの紹介する三つの作品は、

たまに知っていたものもあれど

そのほとんどははじめて聞く作品ばかりでございます。

 

世に出ている読み物がいかに多くて、いかに自分が知らないか。

この一生のうちに、出会えるものはわずかでしょう

一文でもいい、はっとするような言葉に出会う本との旅を、

これから先も続けていこうと思います。

 

―地球は、その表記とは裏腹に、水の惑星なのだ。 (“孤島の地理哲学” 加藤政洋)

 

%e3%81%bb%e3%82%93%e3%81%bb%e3%82%93%e8%92%b8%e6%b0%97

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ