logo

昨日のおすすめアイテム一覧。

2017.07.26 Wednesday

土用の丑の日、昨日は、「1 day lesson スキンケアとメイクも身につく特別な一日」

開催日でございました。

このたびも満枠のお申込みをいただきまして、心より感謝申し上げます。

 

そこで、使わせていただきましたアイテムのうち、

都内でもご購入していただけそうなものをここに備忘録として。

 

・スキンケアレッスン

メイク落としクレンジングから、コットンでのふき取り、ホットタオルで温めて。ローションで美容成分と水分をしっかり浸透、クリームで蓋をする整肌までの一連のスキンケアをレッスンいたしました。手の動かし方から、お肌への圧、そのふき取り方まで丁寧にレクチャー。正しいスキンケアで、お肌を日々健やかに。

 

資生堂 パーフェクトリムーバー(アイ&リップ)1,080円

コットン・ラボ 5枚重ねのめくるコットン レギュラーサイズ 80枚入 521円

@cosme storeが作ったミカエルのよくばりコットン / 120枚×3個 895円

 

・メイクレッスン

崩れにくいベースメイクのコツから、自身の骨格に合った眉のデザインなど。流行に流されない、プロの技術をたっぷりとお伝えいたしました。二重や一重など、その方の瞳の輝きに合ったアイメイクも、ぞれぞれに。リップやアイシャドウなど、似合う色の選び方まで。いつもと違う、洗練された自分に変わるメイクをおたのしみいただけましたら幸いです。

 

いろものは、VISAGEのアイテムをそれぞれのお肌や瞳の色に合わせて。

日本人などアジア人の肌に合わせた繊細ないろものが豊富に揃うVISAGEです。

http://www.kamata-visage.jp/eshopdo/refer/cid12s0m0.html

 

ツインカラー

1001 バレンシア/シャインヌード

0905 ライトブルー/ピーコックブラック

0606 ホワイトゴールド/ナチュラルゴールド

 

グローオン(チーク)

012 ベージュピンク

006 ソフトオレンジ

 

リップルージュ

PK05 ベリーピンク

OR02 コーラルオレンジ

PK04 ライトローズピンク

 

アイブローペンシル 002 ブラウン

 

そして、ベースメイクアイテムは、江原道のラインナップを使用。

https://shop.kohgendo.com/basemakeup/

ファンデーションは、専用ブラシで伸ばすとお肌をよりうつくしく仕上げることができます。

市販品の中では、こちらのアイテムが人工毛なので中性洗剤で洗えて使いやすくてお奨めです。

資生堂 ファンデーション ブラシ 131(専用ケース付き)

http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070410.seam?shohin_pl_c_cd=086901

 

今日からのお手入れが、より豊かになりますように

 

この夏もいつも変わらず営業いたします。

2017.07.25 Tuesday

夏の暑さにも慣れ

流れ落ちる汗もあたりまえになってきたころ

みなさま、お元気でいらっしゃいますか。

 

ことしの夏も、いつも変わらず営業させていただきます。

特別なおやすみや、長期休暇はいただかず

いつも通りの日・祝定休にて。

 

ふとお時間ございましたら

どうぞ涼みにいらしてください。

みなさまのお越しをお待ち申し上げます。

新しい一週間がはじまりました。

2017.07.24 Monday

最近、NHKが面白い。

大河ドラマ「直虎」も、テレビ小説「ひよっこ」も

録画してでも欠かさずに観る(くらいに好きです)。

 

そして、マツコデラックスさん初めてのNHKでの司会番組

AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」。

 

録画しておいて、昨日ゆっくり観ることできました。

有働由美子アナウンサーとの掛け合いと

ゲストの方のとっても公平で頭のいいコメントしかり、

マツコさんの頭の回転の良さにうなる番組でございました。

 

このために開発されたAIの提言を議題に、そこにいるひとたちのディスカッションを眺める。

冒頭、“健康になりたければ病院を減らせ”から、惹きつけられます。

 

病院や薬に頼り過ぎないで

自ら率先して行動しよう。…ということでしょうか。

 

財政破綻した夕張市の、市民の健康状態が改善されているという映像は

まさにそれを実践している内容でした。

病院数が減り、自主的なクラブやボランティア活動が活発になり

自分の足で歩く健康的な80代、90代の高齢者が増えたそう。

 

健康は目下最大の関心事であり

これから先も最優先したいこと。

生活習慣をできるだけ客観的に見直すクセを

なんとかつけていきたいな。

 

さあ、新しい一週間がはじまりました。

 

 

わが星から、わたしの星へ。

2017.07.23 Sunday

作・演出 柴幸男 三鷹市芸術文化センターではじめて観た「わが星」は、

「わたしの星」になり、またこの夏に上演される。

 

チケットの追加販売が、本日12時だというから

いまはソワソワしているだけなのですが、

前作を観る前の気持ちや、それに触れたあとの気分を思い出しつつ、

過去のブログを読んでいます。

 

2014年7月17日に引用していた、この一節が気になって。

*****

(とある盲学校の女生徒が、先生に問いかけたこと。)

「地球が貴重な存在というのはよくわかる。

静物が生きていくのに貴重な水やちょうどよい温度、

酸素に充ちた大気をもっているから。

でも、自分が貴重な存在というのは、ぴんとこない。」

 

広瀬浩二郎/嶺重慎著「さわっておどろく。点字・点図がひらく世界」より

*****

 

「貴重」とは、「ただひとつ」だということ。

そのカラダもこころも、人生も、ほかの誰にも代われないから。

 

今日という、ただ一度の一日がはじまりました。

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ