logo

美肌のヒント|いざというときのクリーム。

2019.05.31 Friday

このカラダは、食べたものでできている。

よく寝て、よく食べて、よく遊ぶ。

おとなになったら、量より質でよいものを。

 

肌のハリや弾力が無いようなとき、日焼けしちゃったかなとくすみが気になったとき

すこし奮発して、濃厚なコクのあるクリームを使います。

ロート製薬の再生医療研究が、肌細胞の再生をスキンケアに活かした最高峰

エピステーム ステムサイエンスリフトクリームa  45g 35,640円

 

翌朝、印象ががらりと変わる凄いクリームです。

なんといっても弾力が違う。

起き抜けの顔はベタつきゼロで、ハリのあるピンとした肌。

毛穴もきゅっと閉まって、毛穴下がりも気にならなくなりました。

 

目元のちりめんジワもすーっと消え、

お肌が若返ったように元気になれる。

 

いざというときのクリームです。

 

弾ける炭酸、頭皮マッサージにクラッキングセラムを。

2019.05.30 Thursday

これから先、しばらくは暑い季節の到来です。

トリートメントのお仕上げにさせていただくヘッドマッサージに

プロ―ジョン クラッキングセラムをシュっとひと吹きさせていただきます。

 

パチパチ弾ける炭酸が爽やかな、頭皮にすーっと浸透して心地よく

地肌に潤いを与えてくれる頭皮用の美容液をおたのしみください。

 

 

 

そのあとを生きるため。

2019.05.29 Wednesday

昨夜は、ふとつけた番組に目が釘付けとなり

今朝は腫れた瞼でこうしています。

NHKプロフェッショナル仕事の流儀「納棺師 木村光希」

 

最初にこの仕事を知ったのは、映画「おくりびと」だったでしょうか

亡くなったひとの体を拭いて、化粧を施し棺に納めるまでのこと

それまでまったく気に留めたことがありませんでした。

 

番組では、木村さんの仕事先へカメラが入り、実際にいくつかの場面を

まるでその部屋の壁にでもなったかのような視線で、眺めることとなりました。

亡くなったそのひとを前に、依頼人である家族が、納棺師に促されて最後の別れをする姿

 

“より良い送り方をすることが、人を変え、社会を変えていく”という言葉が胸に響いてまいります。

送るという行為は、そのあとを生きるひとのためにある。

 

「台風一過」のあと。

2019.05.28 Tuesday

写真家 植本一子さんの最新作「台風一過」を読みました。

帯というか第一表紙にふたりの娘の写真が載り、

すこし見ないうちに随分大きくなったのねぇ…なんておもいながら

去年の2月からの季節ごとの日記を読んで、およそ一年を眺めていく。

 

柴山さんと宮本さんの第一子ご誕生が記録されていて、

一年は、そういうことも十分に起こりうる時間なのだと想ったり

 

家族の在り方は、その数だけのカタチがあると

あたりまえのことを実感しながら、閉じたのでした。

 

それにしてもいつも、そのタイトルに驚かされる。

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ