logo

雨上がり。

2019.06.26 Wednesday

梅雨どきの晴れ間は、とくにうれしい。

朝は空気がひんやりと感じられ

深呼吸したくなる。

 

今日も、きっと暑くなるのでしょう

湿度もあるから汗もじとじとするのでしょう

まあ、しょうがない

 

暑くても、梅雨時の晴れ間はうれしいものです。

捨てる神あれば拾う神あり。

2019.06.25 Tuesday

昨日は、谷に落ち、はたまた頂上を観るという気分を味わえた一日でした。

 

当日の、お時間30分前に届いた一通のキャンセルメールに

残念な、もうこれは泣くしかないとやり場のない気持ちになったのもつかの間

先日お越しくださいましたミスミノリコさん@min_msmi の投稿に、有頂天になる始末(^^)

 

あゝ捨てる神あれば拾う神ありと、

この機微すら愛おしくなってまいりました。

 

雨のなか、ご来店くださいましたお客さまには心から感謝をこめて

トリートメント後のすっきりとした明るい表情を眺めつつ

とりとめのないおしゃべりを楽しむ時間も、また愛し。

 

 

「いだてん 金栗四三篇」

2019.06.24 Monday

毎回続けての視聴ではなかったけれど、やっぱり「いだてん」は面白い。

昨日は、金栗四三篇の最終回でございました。

関東大震災の直後の東京を、救援物資を背に走る金栗四三とそのお弟子さん

あちこちに点在するバラックへ、走って届ける姿に感動しました。

 

そして、運動会。

実際に、1923年におこった震災の後、上野では運動会が開催されたそう

子どもも大人もみんなで声を出して笑う姿は、なんていいことだろう。

走れないひとたちには、落語をたのしむ場も設けられたというからすごい。

 

金栗四三の走る姿

独特の呼吸で走り続ける姿は、まさに生きる姿だと

心から感動を呼ぶのでした。

 

オリンピックのチケットは、落選したけど

まだまだ観戦のチャンスはあるさ。

顔はこころを映す鏡。

2019.06.23 Sunday

顔相をみることはできません。

顔つきの変化に驚くことがよくあるので、

顔というのは、心を映す鏡のようだとつくづく感じているのです。

 

道を歩いていても、電車に乗っていても、

すれ違うひとの顔をみています。

 

顔つきをみて、深く刻まれたシワをみて

そのひとの表情クセを考えてみたり

ひとの持つ表情の豊富さを感じてみたり

 

顔に左右差があることも、まったく不思議ではありません。

わたしの場合は、右が怒り顔で左が泣き顔。

 

この顔は、心を映す鏡のようで

どんな顔をしているか、ときどき鏡に映してみたり。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ