logo

都内のホテルでランチをたのしむ。

2020.08.31 Monday

日曜日は、ホテルニューオータニでプレミアムランチをいただきました。

都民還元と銘打つメニューについ惹かれ、はじめてのザスカイからの眺望です

 

シェフがその場で切り分けるローストビーフ。

目の前でソテーする帆立やステーキ、てんぷらなどなど

日本全国の名物料理もすこしご用意いただけて、

目にもたのしいビュッフェをいただきました。

 

対策もたいへんきめ細やかで驚くほどのホスピタリティ。

紙製のマスクケースはもとより、トングは一度づつ取り替えて

並ぶ位置も足元マークがあちこちに準備されてます。

ホールスタッフの方のマスク着用はもちろんのこと、

お料理を受け取りに行く際の私たちまで、席を立つときはいつもマスクを着けています。

 

ひろいフロアのおよそ半分にテーブルがセッティングされていて

休日をたのしむご家族連れで、ほぼ満席のにぎわいでした。

 

食後は広大な庭園を散策し、夏の終わりをたのしむことができました。

自分をたいせつにしよう。

2020.08.30 Sunday

ことばにすると、よりはっきりと輪郭を帯びることがある。

昨日のお客さまとの会話のなかで、そんなことがありました。

 

5年振りにご予約をくださいましたその方は、

月日を感じさせない、いつも通りの手順でおやすみになりました。

トリートメントは手のひらでお肌の状態を確かめるように進めていきます

お顔の表情筋や耳下腺脇や肩首のコリをゆっくりとていねいにほぐしつつ

ローションパックで美容成分を浸透すること20分。

 

まるで細胞のひとつひとつが命を吹き返したようにふっくらとしたキメが戻り

明るくすっきりとした表情が自然にできるようになりました。

 

終了後に、(ソラを)思い出してくださってありがとうございますとお伝えしたら

ーここ数年ずっと仕事が立て込んでいて、週末は起きられないほど疲れてました。そしたらコロナ禍となり、もっと自分をたいせつにしようと思うようになったのです。

 

コロナ禍で、目の覚めるようなことがいろいろありました。

ことばの力。

2020.08.28 Friday

ことばには、力がある。

だから傷つきもし、励まされることもある。

絶望も希望も天秤の両端にあるもので、ふとした一言ですくっと上がる

 

よく目につくところに、いまの自分を水平に保ってくれる歌を貼りました。

笹本碧歌集「ここはたにかに」より

 

***

偶然は積み重なって丸くなるここはたしかに地球の上だ

***

 

ウイルスはいなくなったりしないから。きっとこの感染症との防衛戦は、これから先も続くでしょう。

年末には終わると、かすかに期待している自分に向けて

そうじゃなかった時に絶望なんてしないでくれよと言い聞かせてる。

 

いまこうして元気だということ

どんな感情も生きてこそ味わえる

 

すこしずつ。

2020.08.27 Thursday

すこしずつ。ゆっくりとじょじょに、あたらしい生活様式に慣れてきました。

まず、手洗いの回数が、格段に増えたこと

お掃除がうんとていねいになって、あちこちよく磨いていること

マスクの着用が習慣になっているので、外すタイミングを自分で決めること

話すときの距離がすこし遠くなっていて

目や声のトーンだけでの会話にも、違和感を覚えなくなってきました

 

接触確認アプリをダウンロードして65日が経ちました。

「陽性者との接触は確認されませんでした。」の表示に、すこしほっとする日々

 

ことしは、インフルエンザの予防接種に行かれる方がきっと多くなるでしょう

去年の秋に接種しましたが、ことしも行こうとおもいます。

あたらしい感染症の出現で、予防接種の回数もいつか増えていくことになるのかしら

 

身体の免疫力をつけるため、筋力つけてよく食べよく寝てストレス発散忘れずに

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ