logo

万葉集の響き。

2020.09.30 Wednesday

「おくのほそ道」は一読したぐらいでは到底読んだとは言えないけれど

いまそれを遥に遡る「万葉集」に手を伸ばす。

その時代に生きた先人たちの、愛と悼むこころの響き

 

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る (20 額田王)

 

―美しい紫色を染め出す紫草の野を行き、立ち入りを禁じられた野を行き、野の番人が見るではありませんか、あなたがしきりに私に袖を振るのを。

 

添えられた解説を読んでようやくすこし理解でき、

もう一度音読すると、古の世へイメージが膨らむような

そうでもないような

 

「黄泉がえり」

2020.09.28 Monday

竹内結子さんの訃報を目にしたとき、まっさきに浮かんだ作品が「黄泉がえり」でした。

2003年に公開されたとき、劇場に足を運んだことを思い出します。

 

死んでしまったら、蘇るなんてことはもう無いけれど

イモトアヤコさんとふたりで写るInstagramを思い出し

誤報であって欲しいなと、このニュースだけはそう思う。

 

妹から届いたグループLINEには、亡くなった祖父の言葉があって

「生きるのは苦しいけど、死ぬのはもっと苦しいんだ」

 

与えられた命をまっとうできますように

どうか連鎖しませんように

 

ご冥福をお祈りいたします

動いてみる。

2020.09.27 Sunday

とにかく視野が狭い。考え始めるといつも堂々巡りを繰り返す。

考えてもしょうがないような、ちっぽけなことばかり気になって

気になりだしたら最後、もう頭のなかはそのことばかり…むむ

というとき、わたしは部屋にいたら掃除を始め、天気が良ければとにかく歩く。

 

身体を動かすと、占領されてたもやもやがいつの間にか薄れていく(ような気がする)

自分の気分を変えるのは、もはや誰でもない自分にしかできないと

気づいたのはいつだっただろう

 

「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」の著者、

東田直樹さんのインタビューを読んだことも影響していたのかもしれません。

 

Q:生きるのがつらい時、どうしたらいいでしょうか?

 

A:どこかに出口があるとは考えず、じっと立ち止まってください。

そして、昨日と同じ1日を過ごしてください。

つらい気持ちと向き合おうとしなくても、人は生きていけます。

あなたが悪いわけではないのです。

人は与えられた環境の中で、精いっぱい生きなければならない動物です。

たとえ、自分の精いっぱいが他の人と違っても、恥ずかしいことではありません。

 

(きょうもよい一日を)

「ミッドナイトスワン」

2020.09.26 Saturday

公開された「ミッドナイトスワン」を渋谷東宝シネマズで観てまいりました。

 

格子状に着いた席で4割の観客は、途中なんども目頭を押さえるひと。

すすり泣きながら前を見るひとがあちこちで、そういう私もハンカチを手に。

見終わってからというもの、正直言ってまだ、なんと表現したらいいのか迷っています。

 

凄い、というだけではあまりにも稚拙。

思い出されるシーンは夢を見ているようにうつくしくて。

目を覆いたくなるほどに残酷で

目頭を押さえてしまうほどにあたたかくて

ほっと胸を撫でおろす場面も数多くあり

胸躍る、まさに白鳥が飛び立つ場面は背筋が伸びる思いになった。

 

懸命に自分をまっとうしようと、もがく姿が胸を打つ。

ひさしぶりにスクリーンで観る草彅剛さんのお芝居と、見出だされた服部樹咲さん

こころが大きく揺さぶられる作品です。

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ