logo

blog

樋口一葉。

2021.09.20 Monday

教科書ですこし、いつだったかほんのすこし触れた文学でした。

ソラの本棚にある井上ひさしさんの著書を読み返しているうちに、もういちど

ちゃんと読んでみたくなりました。

 

樋口一葉(1872-1896)東京の府庁機内長屋に生まれる。本名奈津。幼いころ草双紙を読み。父の死後、困窮のなかに母と妹を養う。十九歳のとき半井桃水に師事して創作を始め、第一作が「闇桜」、ついで「うもれ木」によって注目をあびる。一時、下谷龍泉寺町で荒物・駄菓子屋を開いたが失敗。再び創作に専念し、「にごりえ」「十三夜」「たけくらべ」など次々に発表。二十四歳にして肺結核で死去。

 

188文字に凝縮された生涯にも、その厳しさや時代背景が想像できる。

読み始めてすぐ、言葉の違いに閉口するも、それでもと一文字一文字追いかけていく。

 

なかに、明治末期の生まれの祖母の、話し言葉にもあった言葉を見つけては

すこし、ほんのすこしだけ物語に近づけるような気がし

なんとかその時代の言葉のままで理解したいという気持ちになり

難解な樋口一葉に、取り組んでいるこのごろです。

 

 

LINE公式アカウントができました。

2021.09.19 Sunday

遅ればせながら、LINE公式アカウントができました。

友だち検索していただけたらうれしいです。@bihadasora

https://lin.ee/4tQqtD1

友だち追加

 

LINE公式アカウントでは、ご予約やショッピングに簡単にジャンプできます。

投稿では、直近で出た空き枠のご案内や、ソラでしている感染症予防対策などの進捗情報など

都度ご案内できたらと考えています。

 

お問い合わせも、チャット形式で気軽にしていただけますので

どうぞお気軽にご一報ください。

ただし、回答者は舘山信子本人であります。

なるべく早く回答できるように努めてまいりますが、

すこしお時間かかりますことご了承ください。

 

引き続きよろしくお願いいたします。

 

ことしも後半。

2021.09.18 Saturday

台風の影響で深夜から雨が続きます。

ことしは、よく雨が降ります。

収穫を待つ野菜や米や果物が、この雨をやり過ごしてくれますように。

 

9月も半ばを過ぎました。

このころになると、一年を振り返るような気持ちになります。

ことしはどんな一年だったかなあ

まだ後半残ってるけど、なぜか、このころになるといつもそう思うのです。

 

この連休を、いつからシルバーウイークというようになったのでしょう。

先を生きるひとの姿は、まるで予習をしているようで

このごろ、ますます観察するようになりました。

 

ゴッホ展がはじまります。

2021.09.17 Friday

東京都美術館でゴッホ展がはじまります。

日時指定予約制にて、さっそくチケット購入いたしました。

 

自宅に「夜のカフェテリア」のポスターを飾っています。

展示されていたらどんなにうれしいでしょう、とすこしの期待を抱えながら

久しぶりの上野の杜へ、出かける日が待ち遠しい。

 

感染者数もピークアウトし、減少しています。

ワクチン接種も完了し、対策もめんどくさがらずにしています。

ひとりひとりができることをし、ひとに迷惑かけないように慎ましく

 

小さなたのしみを抱えることは、こころの栄養になるとおもいました。

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ