logo

blog

視点をかえる。

2020.01.23 Thursday

脳の思い込みは案外しぶとくて、

なかなかどうして視点を変えるというのは

出来るものではないけれど

もしかしたら雪かもしれないこの雨を

ここしばらくは見ることになる予報。

 

あめ あめ
いろんな おとの あめ

はっぱに あたって ぴとん
まどに あたって ぱちん
かさに あたって ぱらん
ほっぺたに あたって ぷちん
てのひらの なかに ぽとん
こいぬの はなに ぴこん
こねこの しっぽに しゅるん
かえるの せなかに ぴたん
すみれの はなに しとん
くるまの やねに とてん

あめ あめ あめ あめ
いろんな おとの あめ

岸田衿子『いろんなおとのあめ』より

それぞれの。

2020.01.22 Wednesday

昨日は、声のワークショップのことし一回目の開催日

歌うことをよりシンプルに味わう時間がありました。

音楽家 太田美帆さんをお招きするこの会は、すこしずつ変化しながら

5年目を迎えます。

 

顔が違うように、声にもそれぞれの個性があって

その響きはひとや、そのときの体調も気分もとてもよく表しています。

 

声がいくつ重なっていても、不思議なほど見事にそれらは共存し

出している自分の声が混とんとした世界の一部になっていることを感じる時間になりました。

 

おなかの底から声を出す。

ひとりでいるときにだって出来そうなことなのに

この場があるから出来ること。

ふとお時間ございましたら。

2020.01.21 Tuesday

ふとお時間ございましたら、いつでもご一報くださいませ。

 

前日の夜でも、その日お時間がもし合えば、よろこんでご予約承ります。

空き枠は随時更新しています。

3月も、ちらほらご予約埋まってまいりました。

 

1月は、まだご予約承れます。

 

✉ yoyaku@bihadasora.com

まで、ご希望のメニューとお日にちをお知らせくださいませ。

「男はつらいよ お帰り寅さん」

2020.01.20 Monday

寅さん映画と言えば、学校の遠足でバスを使った遠出のときなど

車内でいつも観ていたから

真似できない名調子や、調子のいいことばっかり言ってる寅さんが大好きでした。

 

劇場は中高年のお客さんで大賑わい

名場面集みたいに懐かしい光景がたくさん出てきて

会場が大きく笑いに包まれて、

映画を観ながら笑うっていいなあと、心底たのしみながら観ていると

 

終盤には、もう泣けて泣けて仕方がなくなり

聞いていた通り、ハンカチ2枚はあったほうがいい。

 

まるでニューシネマパラダイスを観たときのように

とてつもなく大きな愛に包まれる作品です。

 

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ