logo

文字とことばのデザインユニット 二歩+東京大学奇術愛好会+アヒルの空/ワークショップ22

2014.12.08 Monday

お肌だけでなく、こころも休憩できるところになれたら…という想いから、

月に一度、ワークショップを開催しています。

素敵な作家さんとのひとときを、おくつろぎください。

vol.22 「手品師と、いつの間にか仕掛けられる〝幸せないたずら〟。」

東京藝術大学で教べんをとられる

佐藤雅彦さんの著書「考えの整頓」の中に、

〝幸せないたずら〟という一節がございます。

 

・・・・・

実は、私はこの「Pro(未来に)+ject(投げかける)」の

楽しさと大切さをみんなに伝えたくて、

『幸せないたずら(仮称)』という書籍を、以前ひそかに構想していたことがある。

 

その本には、例えば、読者と想定している子供たちに対して、

次のような楽しい未来へのいたずらの提案が載せられている。

 

『お父さんの背広が入っているタンスをそっと開けて、

どれかの背広の胸ポケットにメモカードを入れておこう。

そのカードには、お父さんへのメッセージやお願いを書いておこう。

お父さんがそれを見るのはいつのことかわからないけど、

いつか見てくれることを期待して、

そのワクワクをそっと自分の胸にしまっておこう。』

 

ある朝、ひとりのサラリーマンがぎゅうぎゅうの満員電車でまいっている時、

ふと自分の胸ポケットに見覚えのない固いカードがあるのを見つける。

狭い車内でそっと、それを取り出すと、

たどたどしい字でたどたどしい文章が書いてある。

「おとうさん、こんど、やきにくいこうよ、さいきん、いってないよ。」

 

この未来に向けてのいたずらは、幸せの時限爆弾でもある。

・・・・・

 

わたしはこのくだりが大好きで、

この後はきっと、近所の焼肉屋さんに

みんなで出かけているに違いないとさえ思うのです。

 

この、少し先の未来に向けて、幸せの時限爆弾を仕掛けることを、

今回のワークショップで体験いたします。

二歩さん、東京大学奇術愛好会の方とご一緒に

〝幸せないたずら〟の下ごしらえをいたしましょう。

 

そう、それはいつの間にしていたんだろうと

たいせつなあのひとを驚かせる幸せの時限爆弾を。

 

その驚きは、手品をみるときのそれに似ているようで、

 

だって、手品師は

無いと思っていたものをひょいと出してみたり

さっきまで黒かったはずのカードを、目の前で赤に変えてみたり

ものの見事に思い込みを打ち破り、

驚きをくれるから。

 

序盤は、まず、手品の鑑賞。

いつの間にか仕掛けられたその魔法を

たっぷり味わいたのしみましょう。

 

(写真は東京大学奇術愛好会サイトより。イメージとして)

FullSizeRender (49)

 

そして、本番。

頭に浮かぶたいせつなひとへ、

いつの間にか仕掛ける〝幸せないたずら〟を

オリジナルのワークシートに沿って

みなさまそれぞれで考えていきます。

 

締めくくりは、ティータイム。

この日は、フランスの伝統菓子「ガレットデロワ」を

アヒルの空さんに特別なものでご用意いただけます。

 

ガレットデロワ。

ホールに焼かれたパイに、アーモンドクリームを挟んだ焼き菓子。

中に、ひとつだけフェーヴと言う陶製の小さな人形が隠されていて。

公現節(1月6日)に家族で切り分けて食べ、

フェーヴが当たった人は王冠を被り、

祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれるフランスの焼き菓子。

 

さあ、誰に、〝フェーヴ〟が当たるのでしょう。

FullSizeRender (30)

〝幸せないたずら〟企みをメモするための用紙

itazura_sheet[1]

〝幸せないたずら〟のためのカード

itazura_card[1]

 

 

+++++

日時:1月18日(日)

・ワークショップ 14:00~15:30 定員6名(残2席)

・参加費 おひとり3,000円(税込) お茶とトクベツなケーキ

・お申込み contact@bihadasora.com

※おなまえ、ご連絡先アドレスと携帯番号、1/18の会と明記の上、

メールにてお申込みください。

※先着順にて受付しご本人様へメールにてご連絡/報告申し上げます。

(ご返信は、一営業日中には必ずお返しいたします。

tateyama@bihadasora.comからのメールを受信

できるようにご設定おねがいいたします。)

+++++

二歩/にほ
星功基と西村祐貴による文字とことばのデザインユニット。

星功基 / Koki Hoshi
2007年 慶応義塾大学環境情報学部卒(佐藤雅彦研究室所属)
2012年 秋より個人表現活動をはじめる。
(CREATIVE LANGUAGE オンラインショップ にて、
『もじ』『moji』小冊子(α版)を販売中です。)

西村祐貴 / Yuuki Nishimura
イラストレーター/ことばにまつわる表現活動を行う。
2009年 多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒
2012年 第22回紙わざ大賞入選。
2012年 Asia Digital Art Award 2012 エンターテインメント部門入賞。
URL:http://www.nishimurayuuki.com

niho_prof

 

東京大学奇術愛好会/五味悠介

東京大学奇術愛好会所属。

テーブルマジック代表を経て、現在は同サークルの課外公演を担当。

「ぼく、これ面白いと思うんだけど、きみは?」をモットーに、

幼稚園生向けのキッズマジックからバーマジックまでこなす。

http://www.ut-magic.org/

 

アヒルの空

バリスタでもあるシェフとパティシエールでもあるマダム。

料理、デザートそして最後のコーヒーまでしっかり楽しめるカフェレストラン。

マダムはガレット・デ・ロワでも有名なパティシエ・シマで修行。

 

 

 

 

 

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ