logo

今日は新月。

2014.01.31 Friday

2014年がはじまって、

もうひと月が終わろうとしています。

 

ことしは、こんなことをしよう。

って、去年のうちに考えていたことも

全然できないうちに、もう1月も終わり…

 

でも明日から新しい二月という今日に、

新月を迎えるなんて

かみさまはやっぱりどこかで見守ってくれているに違いない。

 

新月。

新たに何かをはじめるには、

とてもいい時だと言われています。

 

昨日までのことを悔やむのは忘れて、

今日からまた

あたらしいことをスタートしてみようかな。

(よし、まずは寝る前に食べないこと。)

 

(写真はネットより)

20140131

 

はじめての、ピリカタント書店。

2014.01.30 Thursday

レモンエアラインを持って、

ほんのときどき飛び込み営業しています。

(あ、いつものペースですから、ゆるりとです。

ほんとうに飛び込んだりはしてません。)

 

この本を、

大好きなお店に

憧れのお店に

いい風を感じるところで

誰かにぱらぱらとめくって

たのしんでもらえたらいいな。

 

昨日は、

ピリカタント書店さんにはじめて訪問。

19時ごろでしたでしょうか。

黒板にメニューなどお描きになりながら

開店の準備をされていたところでした。

それでも、

とてもほがらかに、はじめての訪問を迎え入れてくださって。

 

その後、店主のにしのさんは、

常連のお客さまにお店番を頼まれて

買い出しに出掛けていかれました。

 

あ、でもその様子がとても気持ちがいいのです。

常連さんとの会話が とてもやわらかくて。

 

店内には、所狭しとにしのさんの目でセレクトされた本がいっぱい。

天井からは、折り紙を輪にした飾り付けや、

壁のいろんなところには、子どもたちの描いただろう何かの絵。

奥の小さなキッチンも、ほどよく使い込まれていて。

モノに溢れているはずなのに、

どこか居心地のいい空間でした。

 

お店のなまえ、ピリカタントらしい

『うつくしい今日』の締めくくりになったのです。

20140130

メモリー・ムービー/レモンエアライン0129便

2014.01.29 Wednesday

ニューヨークのブルーミングデールズで、

ゲランの香水を買った。

ふくよかな黒人の女性は、

歌うように釣り銭をくれ、

歌うように礼を言った。

 

パリのモンパルナスのカフェでは、

カップルがデートをしていた。

女性はどう見ても成人なのに、

ハイスクールの制服みたいな格好をして、

思いっきり幼稚なしゃべり方をしていた。

 

ドイツのベルリンの地下鉄で、

うさぎのみみの帽子をかぶった男の子が、

母親に抱かれていた。

くちびるが濡れた豆電球のように輝いていた。

じっとこっちを見て、なかなか目をそらしてくれなかった。

 

****************************************************************

 

◎レモンエアラインが本になりました。

コチラのスペシャルサイトもごらんくださいませ。http://lemonairline.com/

シラスアキコ(文筆家)

クリエイティブユニット「color/カラー」(www.color-81.com)の

コピーライター・クリエイティブディレクターとして活動。

「モノ語りのあるモノづくり」を大切に、

企業のブランディングから商品開発、プロダクトデザインの企画、

広告制作、ラジオCMなどを手がける。

60年代の日本映画とフランス映画、赤ワインが好物。

 

*レモンエアラインは、毎週水曜日に出航です。

こころがふうわりと浮遊する軽やかなじかんを、お楽しみください。*

レモンエアライン/ロゴ

 

ひとは食べたもので出来ている。

2014.01.29 Wednesday

この顔も(カラダも全部)

食べたもので出来ている。

 

そう 昨日、

おむすび 「まるさんかく」の大倉千枝子さんと

おはなししていたとき、

大倉さんがおっしゃった言葉が

とても強く印象に残っています。

 

大倉さんのお店で出されるお料理は、

無農薬で育てられた食材を

丁寧な調理と、考えられたバランスで

いただけるものばかり。

昨日は、初物のふきのとうを炊いた「ふき味噌」を

お土産にいただきました。

ごはんがすすむ 春のおかずです。

 

冬の間、

カラダはその寒さに耐えられるように

いくらか体脂肪をため込んでいますね。

もうすぐ迎える春に備えて、

少しずつ、ためていたものが外に出ていく頃。

 

ひとは季節の変化に応じて

カラダも合わせて変化しています。

その変化を全身で受け止めるためにも

ぜひ、旬のものをいただきましょう。

 

春野菜には、ときにえぐ味もありますが

それもおいしい特徴のうち。

北風に吹かれ 冷たい雪の下で

じっと春の訪れを待っていた野菜には、

おおきなエネルギーを秘めているように感じます。

 

今日もおいしく 「い た だ き ま す。」

(写真はネットから)

ふきのとう

 

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ