logo

11月29日は、「いい福の日」。

2014.11.30 Sunday

昨夜のツイートは、

何人もの方がこの話題をつぶやいていました。

ダンスパフォーマー ホナガヨウコさんの結婚パーティのことを。

 

ソラも、とってもお世話になっているホナガヨウコさん。

挙げ始めたらどんどん出てくるよう。

 

先日、お招きいただいたラジオ番組「ホナガとチヒロのヤギさんラジオ」では、

その番組がきっかけで、リスナーの方がソラにご予約くださいました。

 

月に一度開催されているカラダの学校へは、

わたしも、時間が許す限り出かけています。

「リラックスストレッチ&マッサージ」のクラスへ、とことことこ。

全身には、筋肉がたくさんあって、こうしてゆるめていくんだよって

ゆっくりゆっくり伸ばしていく感じがたまりません。

 

山フーズさんとご一緒に、ソラでワークショップを開いてくださったことだって。

vol.11 「かみさまを感じながら、食べて消えてしまうモノとの戯れ。」

では、山フーズさんのお料理に合わせて、

即興で音楽をつけてくださいました。

 

ほんとうに、お世話になってるホナガヨウコさん。

その方のシアワセそうなつぶやきが、とても心に響きます。

 

・・・・・

11月29日は 個人的に

「いい福の日」になりました

家族にも友達にも

感謝感謝 言い切れません

いい日でした

本当にありがとうね

ねむいけど幸せで

寝たくないよ

よかったよかった

・・・・・

(どうぞいついつまでもお幸せに。)

 

写真は、山フーズさんが作られた壽アイシングクッキー。

FullSizeRender (44)

ある母のことば。

2014.11.29 Saturday

ふと読んだ新聞のコラムに載っていた作家の伊藤計劃さんのことが

気になっています。

代表作品のタイトルゆえ、まだ小説を読むことができないのですが、

夫が仕事で読んでいましたので、文庫化された解説文を、読みました。

 

そこには、作者が夭逝後、2009年の授賞式に故人にかわって登壇された

お母さまのことばが載っています。

 

・・・・・

息子は、今から7年前、右足の膝から下を司る神経に癌が見つかり、

手術をしまして、右足の感覚を失いました。

それから三年ちょっとは癌もおとなしくしてたんですが、

今から二年ちょっと前に両肺に転移が見つかりました。

そのとき息子は、

「両足がなくなってもいいから、僕はあと二十年、三十年生きたい。

書きたいことがまだいっぱいある。」と申しておりました。

『ハーモニー』は、苦しい抗がん剤と放射線の治療の中で書き上げたものでございます。

 

三月二十日に亡くなるだいぶ前から、

食事も水もあまり摂れない状態になっておりましたけれど、

亡くなる日の夕食に大好きなカレーが出て、少し食べてみると言いまして、

スプーンに十杯くらい食べたんですね。

それから一時間ぐらい経ってから、床ずれを防ぐために姿勢をちょっと変えたとたん、

すーっと意識がなくなって、そのまま亡くなってしまいました。

 

お腹が空いたまま逝ったら、

三途の川も渡れなかったんじゃないかと思いますが、

最後にカレーを食べたので、今帰ってこないところをみますと、

なんとか向こうにたどりついてるんじゃないかと思います。

 

応援してくださった皆様、

おつきあいしてくださった皆様、

本を読んでくださった皆様、

ほんとうにありがとうございました。

・・・・・

 

わたしたち夫婦には、子どもが授かりませんでしたので

子を想う気持ちを察することはできません。

ただ、育ててくれた母や父が居りますので、

その親を想いつつ、

この言葉を読みました。

 

なんとも強く、凛とした

親の計り知れない底力を感じたのです。

 

親より先に逝くことは、

できれば無いようにしたいと思います。

 

生きているからこそ、

こうしたことも感じられるんですね。

 

ありがたいことでございます。

 

写真はネットより、冬の空。

20141129

クリスマスコフレへの憧れ。

2014.11.28 Friday

伊勢丹アイカードの会員誌代わりに、

VOGUEジャパンが編集する美しい冊子が届きました。

 

クリスマスコフレや、この冬に注目される化粧品がずらり。

選ばれた化粧品は、いずれも

一流ファッション誌ならではの高級路線です。

各社、研究成果を競い合う優れた化粧品が

一堂に揃っていました。

 

そのお値段も、一桁違うものばかり

ページをめくって眺めていたら

なんだか、それが当たり前のように

感覚が麻痺してきそうです。

 

限定ポーチに収められた特別な化粧品を、

自分へのごほうびに購入するって憧れます。

 

それをしている自分が、

なんだかとっても女の子らしく思えるから。

 

高級な化粧品を使ってキレイになるって、

とても魅惑的。

それだけで、魔法みたいな夢が込められているようで

そんな心にかけるおまじないも

クリスマスだから。

 

いくつになっても憧れを持とう。

 

写真は、plate tokyoさんのツリーより。

FullSizeRender (43)

 

 

手作りウエディング・メモ《レストラン篇》

2014.11.27 Thursday

たいせつな方をお招きする会場は、

品位ある磨き上げられた空間で

安定しつつ優れたホスピタリティを期待したいですね。

 

丁寧でかつ美しく、とびきり美味なお料理と

それを引き立てる飲み物やサービスも。

 

すべてにおいて最上を求めたくなるのも無理はありません。

 

おふたりの個性を表現できる、ちょっぴりわがままも許されるレストラン。

そんなパーフェクトな会場が探せたら

その日までの準備にも、張り合いが生まれそう。

 

東京だけでも、ほんとうにたくさんの会場候補がございます。

まずは、気になるところへご自分でおでかけになられてみてください。

足を踏み入れた瞬間に、肌で感じることが

きっと、一番の決め手になるでしょう。

 

ソラからもほど近い

アランデュカスのビストロ・BENOIT。

ソラの一員、吉村万奈のウエディングで、たいへんお世話になりました。

 

最上階からの景色と、

アラン・デュカス自身が選んだアンティークの調度品や

パリのエスプリを感じさせる洗練されたインテリア。

スタッフのきびきびとした仕事振りがとても気持ちいいビストロです。

もちろん、そのお料理も一皿一皿に神経が行き届いて。

 

ビストロ・ブノワ

http://www.benoit-tokyo.com/restaurant/

2014112610

↑ page top

美肌室ソラinstagramページ