logo

サリンジャーを読むこと。

2015.05.27 Wednesday

いま、J.D.サリンジャー作「ライ麦畑でつかまえて」(野崎孝 訳)を、

読み始めています。

 

シラスアキコさんの出張ワークショップ〝ほんとの日曜日〟に向けて、

その企画や、その会を作っていくために。

三田修平さんのお店、ブックアパートではじまったこのワークショップは、

次回7月4日(日)のこの会で最終回を迎える予定。

 

最終回には、ゲストに小木戸利光さんをお招きして、

《サリンジャーとあなたの17歳へのメッセージ(仮)》を。

 

「ライ麦畑でつかまえて」

読んでいるのは、1964年に発行された野崎孝さんの訳のものです。

もうずいぶん前から、この本のことは見たり聞いたりしていましたが、

こうして手にとるのははじめてで、

読み始めたいま、本を読み進めることに体力がこうも要るのかと

ふうふう言いながらページをめくって、また閉じて。

 

アメリカ文学にある特長的なリズムと、

そのころの様子や暮らし方に触れながら

17歳だった自分と重ねています。

 

あのころと、いまは、何が変わったのかなぁ。

ずいぶん年を重ねて参りました。

分別がすこしはついたのでしょうか。

 

青臭くて上手く言葉にできなかったあの頃のエネルギーを、

ほんのちょっぴり思い出してみる。

the catcher in the rye

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ