logo

物語の世界へようこそ。

2016.05.20 Friday

歌人の石川美南さん。

トリートメントにいらしてくださいました折、

ご自身の著作をソラに分けてくださいました。

いつもありがとうございます。

 

石川美南作「離れ島」、「裏島」をぱらぱらと眺めていると、

そのひとつひとつの歌をきっかけにした物語が生まれそう。

 

そのたった31字の中に、

宇宙よりも広く果てしないイメージが隠れています。

 

石川美南さんの歌に出会って、

短歌のことをすこし誤解していた自分が恥ずかしくなりました。

百人一首や、「サラダ記念日」しか知らなかったとき

短歌はもっと特別な人たちのものだと感じて、少し距離を置いていたから。

 

時間が無くて、忙しい気分に占領されそうなときほど

ページをめくって眺めてみる。

 

・・・・・

「発車時刻を五分ほど過ぎてをりますが」車掌は語る悲恋の話

 

旅立つ日 コートの中で温めた小さな鍵を手渡す話

 

大空に雲が記してゆきたれど 真偽のほどは わからぬ話

 

石川美南 「離れ島」より

・・・・・

IMG_0463

IMG_0464

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ