logo

「健さん」を観て懐かしむ。

2016.09.12 Monday

2014年にその生涯を閉じられた俳優、高倉健さんの映画「健さん」を

観てまいりました。

 

国内外20人以上の証言により、

人間・高倉健の美学に迫る、初のドキュメンタリー映画。

 

マイケル・ダグラスの語る「ブラックレイン」での健さん

ジョン・ウーの語る「君よ憤怒の河を渉れ」の健さん

山田洋次監督の語る「幸せの黄色いハンカチ」の健さん

などなど、

昭和の大スター「高倉健」を浮き彫りにする

正直なことばをたくさん聴くことができました。

 

わたしは、任侠映画の健さんを観たことがありません。

最初は、「幸せの黄色いハンカチ」だったでしょうか

その後、「野性の証明」「駅」「八甲田山」「あうん」「ブラックレイン」「南極物語」等など

スクリーンに映る高倉健を観たくて、劇場に通ったことを思い出します。

 

健さんが答えるインタビューの中で、

愛用する腕時計の裏に彫ったことばのエピソードが

印象に残っています。

 

“寒青(かんせい)”

漢詩にあることばで、冬の松を表すそうです。

(冬のどんなに厳しい環境にあっても、松は葉を青々とたたえながら生きている)

 

健さんなら、この言葉にも深い考えを持っていらっしゃったのでしょう。

心から感謝をこめて

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ