logo

「日本文学は恋ばかりを書いてきた。」

2017.06.01 Thursday

いま読んでいる「教科書で出会った古文・漢文100」のあとがきには、

監修者 石原千秋さんがこう書いています。

 

まだ大学生だった頃だから、もう四十年ほども前の話である。

「中国文学は天下国家を論じてきたが、日本文学は恋ばかり書いてきた。」と

いうような言葉を、よく読んだし、耳にもした。

このアンソロジーを読んで、まさにそうだったのだという感を強くした。

もっとも「教科書」に収録する文章には、たとえば中世の残酷な説話などは避けるといった

教育上の配慮もあるから、それがこういう傾向を作り出し、

やがては一般論になったのかもしれない。

 

収録されているのは

古事記、万葉集からはじまって

竹取物語、伊勢物語、古今和歌集、土佐日記、

もちろん、枕草子も源氏物語もありました。

漢文は、論語、孟子、筍子は言うに及ばず

勧酒、月夜、春望、三国志などなど

なにしろ100選あるのだから

たいそう読み応えのある一冊でございます。

 

そう言えば、高校生で初めて触れた漢文の、

読み下しを音読みするのが好きだった。

意味を理解しないまま、その音のリズムが心地よかったのでしょう。

 

少し前に幼子を餓死させてしまい、

いまは幽閉されて、遠く疎開先の家族と生き別れた折に生まれた詩。

ひとの一生の儚さを想う。

 

春望 杜甫

 

国 破れて 山河在り

城 春にして 草木深し

時に感じては 花にも涙をそそぎ

別れを恨んでは 鳥にも心を驚かす

烽火 山月に連なり

家書 万全に抵たる

白頭 掻けば 更に短く

渾べて簪に勝えざらんと欲す

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ