logo

「パンと木版画」を見たとき。

2013.04.13 Saturday

下北沢の本屋B&Bで、

彦坂有紀著 「パンと木版画」と

出会いました。

 

そこは、棚ごとに主人の決めるテーマみたいなものがあって、

訪れるたびに、棚ひとつまるっと違う本たちに変化していて

行く度に発見をくれる

いいなと思っている本屋さんです。

 

そういえば、小学校で版画ってやったことあったなぁという

くらいに軽い気持ちで表紙を開けたら、

中には、ほんわか湯気が立ちそうな

焼き立てのふかふかしたパン。

めくるたびに、おなじみの別のパンが出てきます。

 

あんパン

メロンパン

クリームパン

バターロール

山食

など

 

そう パンはシアワセの象徴なんだって思ってたことを

思い出したのです。

0413

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ