logo

「石岡瑛子展」

2021.01.27 Wednesday

やっぱりこれだけはどうしても観ておこう、と行ってまいりました。

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」

 

清澄白河駅からの道は人もまばらだったのに、

予約した時間の場内は大勢の観覧者で埋め尽くされておりました。

皆、色とりどりのマスクで覆い、熱心に見入っていました。

 

資生堂時代から始まり、パルコや角川書店などのアドバタイジングや映画、舞台など

様々なステージでの圧倒的なオリジナリティ。

タイムレスであれと肉声が響く空間で、押しつぶされそうなエネルギーを感じます。

 

なかでも、北京オリンピックのコスチュームディレクターとして遺した衣装の数々は

実際の衣装と、開会式の映像とが相まって、統制された群舞の美しさに目を奪われます。

石岡瑛子さんの熱量と、それを支える技術者の凄さ

そのオリジナリティは、時を超越する力がある。

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ