logo

「フィオナ・タン まなざしの詩学」を観に。

2014.08.14 Thursday

お客さまからいただいた招待券を持って、

お盆のある日、東京都写真美術館へ出掛けてまいりました。

「フィオナ・タン まなざしの詩学」展。

 

フィオナ・タン

中国系インドネシア人の父とオーストラリア人の母との間に生まれ、

現在はオランダ・アムステルダムを拠点に活動するアーチスト。

 

そのドキュメンタリー作品《興味深い時代を生きますように》では、

個人の歴史と政治的な歴史、

移民の動きと文化的な背景が

アイデンティティ観を左右するのかということを

描き出しているという。

(かなり難解な・・・)

 

まったくこれらの予備知識を持たないで

会場に到着したわたしは、

ほかの観客の動きにつられるように、

偶然にもうひとつのドキュメンタリー作品《影の王国》を観るのでした。

 

60分のそれは、

たくさんの写真や、ビデオと

フィオナ・タン以外のアーチストやコレクターも入り混じる構成。

 

・・・・・

「イメージはそれを見る眼なくしては存在し得ない。

ゆえに、鑑賞することは、創造的な行為なのだ。」

・・・・・

という、タンのナレーションが印象的でした。

 

小説も、絵画も、アート作品などのすべての表現は、

読む者、観る者であるわたしたちが居てこそという。

 

作品のことを理解できたのかどうか

はなはだ怪しいけれど、

この言葉は、ひとつの小さな勇気になったよう。

 

これからも、好奇心に任せて

いろんなものを見聞しようと想う朝。

 

写真は、美術館所蔵の「lift」絵葉書より。

20140814

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ