logo

憧れの作家を想いながらいただけるカフェ〝BUNDAN〟

2015.01.22 Thursday

オズマガジン最新号「楽しい朝時間」号で

山モコ山のみなさんが紹介されているカフェへ、とことことこ。

 

駒場東大前駅から徒歩10分、日本近代文学館の中に

BUNDAN COFFEE & BEERがございます。

壁一面の棚にはびっしりの古書。

その数2万冊という本に囲まれながら、

窓から覗く空や風景を静かにたのしめる空間です。

 

梶井基次郎著「檸檬」をテーマに考案されたデザート、

檸檬パフェをいただきました。

 

お気に入りの作品を想いながらいただくデザート、

その響きを聴くだけで、まだ見もしないのに

きっと美味しいに違いないという気持ちに。

 

毎日繰り返す食事に、

ほんの時々、変化があるといいな。

 

つぎ、卵かけごはんをいただくとき、

炙り鴨肉があるつもりになってほおばってみようかな。

 

(池波正太郎のエッセイ「そうざい料理帖」にあるエピソードには、

大石内蔵助が討ち入り前に食したものとして書かれていたのです。)

FullSizeRender (32)

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ