logo

はじめて手に取ってみました。「VERY」

2016.08.16 Tuesday

いつかのNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で

取り上げられていたのをきっかけに、頭に残っていた雑誌“VERY”

写真家 植本一子さんのインタビューが掲載されていることを知って

はじめて手に取っています。

そして、カバーモデル井川遥さんの最終号でもありました。

 

書店で並ぶ表紙を見て、すこしびっくり。

揺れる髪で顔の半分は隠れていたのです。

VERY

書かれたコピーは、女性誌らしい勢いのあることばが詰め込まれていて

表紙から迫る熱量を感じます。

 

どうやら、小さなお子さんを持つ女性が主な読者になっているよう

“子どもがご機嫌なうちに終わる七五三プラン、教えます”

“日本全国 カラフルベビーカーが行く”

の記事が目立ちます。

 

そんな中での、植本一子さんのインタビューは、異彩を放つのに十分でした。

著書「かなわない」のロングセラーが続く中、

“いきづらさ、母であること、愛について”に切り込んだ記事は

やっぱり、すべてありのままにさらけ出されているようでした。

 

-あんなに大きな音をさせてドアを何度も蹴ったりして、あんなに大声を出して娘は泣いていて、誰か児童相談所に電話しないかな。心配、というより、どうぞ通報してください。と思った。誰か今すぐ訪ねてください。「大きな音がしますけど、お子さん泣いているみたいですけど、大丈夫ですか?」って聞いてください。(2013.3.4)

-私は、結婚もして、子どももいて、仕事もしている。それが周りからうらやましがられて、何でも持っているように思われている気がする。でも私自身は幸せでもなんでもない。(2014.6.8)

 

嘘がないから、興味深いのか

嘘がないから、考えさせられるのか

 

自分と同じところを探そうとしなくてもいい

ひとりひとりが懸命だと思うだけで

勇気をもらえるような気がします。

一子さん

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ